気持ち悪いと嫌われる「上弦の鬼」・玉壺――それでもファンが認める「重要な役割」とは

2021/02/20 11:32

 週刊少年ジャンプに連載された『鬼滅の刃』は、アニメ第2期「遊廓編」の発表とともに、再び注目を高めている。この作品の大きな特徴は、主人公たちの敵である「鬼」にも悲しい過去があり、人間が「鬼化」せざるを得なかった背景が描かれていることだろう。だが、なかにはまったく同情できない“非道な鬼”も存在する。「上弦の伍」の鬼・玉壺もその1人だ。グロテスクな見た目も評判が悪い。だが実は、物語の中で玉壺はある重要な役割を果たしている。「嫌われる」鬼・玉壺の、キャラクターとしての魅力を考察した。(以下の内容には、既刊のコミックスのネタバレが含まれます)

あわせて読みたい

  • 『鬼滅の刃』14歳の「霞柱」時透無一郎 早熟の天才が人生で成し遂げたかったこと

    『鬼滅の刃』14歳の「霞柱」時透無一郎 早熟の天才が人生で成し遂げたかったこと

    dot.

    5/9

    『鬼滅の刃』影の功労者・刀鍛冶たちのキャラが強烈すぎるワケ――ひょっとこの面に隠された「燃えたぎる心」

    『鬼滅の刃』影の功労者・刀鍛冶たちのキャラが強烈すぎるワケ――ひょっとこの面に隠された「燃えたぎる心」

    dot.

    4/3

  • 心優しき炭治郎が「絶対に許せなかった」鬼・半天狗 小狡さだけではない“卑劣”な心根とは?

    心優しき炭治郎が「絶対に許せなかった」鬼・半天狗 小狡さだけではない“卑劣”な心根とは?

    dot.

    3/13

    「上弦の陸」に苦戦した宇髄天元は“弱い”説は本当か? アニメで魅せた「音柱」の真の戦闘力

    「上弦の陸」に苦戦した宇髄天元は“弱い”説は本当か? アニメで魅せた「音柱」の真の戦闘力

    dot.

    2/12

  • 「鬼滅の刃」の鬼殺隊に孤児が多い歴史的背景

    「鬼滅の刃」の鬼殺隊に孤児が多い歴史的背景

    東洋経済

    2/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す