渡部建の不倫現場「多目的トイレ」が名称変更へ 専門家は「渡部の件でトイレ問題が表面化した」

2021/02/05 15:43

「多目的トイレ」の名称が見直されるかもしれない。国土交通省が4日、「多目的」「誰でも」といった名称を避け、利用対象を明確化するよう求める方針を明かした。多目的トイレと聞いて、まず頭をよぎるのは、昨年発覚したアンジャッシュ・渡部建(48)の不倫騒動だ。六本木ヒルズの多目的トイレに女性を呼び出し、不貞行為を行っていたことが問題となったが、今回の名称変更にも影響したのだろうか。

あわせて読みたい

  • 瀬戸内寂聴が「あんなに男運のない人はいないね」という女優とは

    瀬戸内寂聴が「あんなに男運のない人はいないね」という女優とは

    週刊朝日

    2/27

    「胸はまったくなかった」浅田舞が巨乳化した理由を告白

    「胸はまったくなかった」浅田舞が巨乳化した理由を告白

    週刊朝日

    4/8

  • 小6男児と性交渉した23歳美人シングルマザー 精神科医「治療は難しい」

    小6男児と性交渉した23歳美人シングルマザー 精神科医「治療は難しい」

    dot.

    9/6

    現場では「もっと舌入れろ」だったのに 園子温監督が目を背ける妻出演シーン

    現場では「もっと舌入れろ」だったのに 園子温監督が目を背ける妻出演シーン

    週刊朝日

    7/16

  • なぜ男は「吉岡里帆が好き」と言いづらいのか 「女が嫌う女」の最前線

    なぜ男は「吉岡里帆が好き」と言いづらいのか 「女が嫌う女」の最前線

    dot.

    10/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す