腎臓1つをすべて切除していた「腎がん」の治療に変化! 部分切除が主流になった理由とは?

がん

2021/02/02 17:00

 腫瘍が小さいうちに見つかれば、治りやすい腎がん。部分切除の場合、ロボット手術を実施するケースが増えている。高齢などで手術が難しい場合は、よりからだへの負担が少ない凍結療法という選択肢もある。

あわせて読みたい

  • 【腎がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? 腎臓全摘は慢性腎臓病(CKD)のリスクに

    【腎がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? 腎臓全摘は慢性腎臓病(CKD)のリスクに

    dot.

    3/28

    腎がんの新療法「経皮的局所治療」は再発率高めも機能障害は低め

    腎がんの新療法「経皮的局所治療」は再発率高めも機能障害は低め

    週刊朝日

    6/15

  • 【腎がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    【腎がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    dot.

    3/8

    人工透析を回避する「腎がん」治療とは?

    人工透析を回避する「腎がん」治療とは?

    週刊朝日

    2/17

  • がん公表おぎやはぎ小木博明、健康オタクで助かった? 腎細胞がん早期発見は機能温存も

    がん公表おぎやはぎ小木博明、健康オタクで助かった? 腎細胞がん早期発見は機能温存も

    dot.

    8/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す