上白石姉妹 姉・萌音は大河・朝ドラとどこまで続く快進撃 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

上白石姉妹 姉・萌音は大河・朝ドラとどこまで続く快進撃

大沢野八千代dot.
上白石萌歌(左)と上白石萌音(右)の姉妹(C)朝日新聞社

上白石萌歌(左)と上白石萌音(右)の姉妹(C)朝日新聞社

 フジテレビの新春スペシャルドラマ『教場II』に出演した女優の上白石萌歌(20)。年末年始は同ドラマの番宣もあり、多くのバラエティなどに出演して話題となったのも記憶に新しい。

【写真】まるでキムタク!モノマネ芸人の「教場II」はこちら

 「上白石萌歌さんは、2020年に放送された『教場』で、ドラマのラストに警察学校の次の年の生徒としてちらっと出演。続編の制作を予感させるとして、話題となっていました。今回のドラマの視聴率は前編が13.5%、後編が13.2%と前作ほどよくはなかったのですが、それでも及第点の内容。その中で、前作と『II』をつなぐ役柄で見せ場もあった。番宣番組にも多く露出していて、番組の話題化に一役買っていました」(テレビ情報誌の編集者)
 
 上白石萌歌といえば先日、成人式を迎えたばかりで、同事務所の浜辺美波(20)とともに“次代を担う女優”として活躍が大いに期待されている。デビュー以来、仕事も順調で、特に2017年に出演した「午後の紅茶」のCMで、スピッツの「楓」を歌い上げ、その透明感で人気となっていた。

 一方、最近、妹に負けず露出が増えているのが姉の上白石萌音(22)だ。珍しい名字もあって芸能界では異彩を放つ姉妹タレントとして知られているが、妹の活躍に負けず、姉の萌音のほうも、昨年末から快進撃ぶりが注目を集めているのだ。

「萌音さんは20年1月クールの『恋はつづくよどこまでも』(TBS)で主演を果たし、作品が大ヒット。正直、『壁ドン』的恋愛ドラマだったので関係者的はノーマークでしたが、一躍大ブレークを果たしました。コミカルな演技がうまくハマって、女性人気を獲得したのが成功の要因でした。しばらく萌音さんは、こうした“2枚目”的な主演としてやっていけそうです」(民放ドラマプロデューサー)

「恋つづ」のヒットでプレゼンスも上がり、1月クールでも『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』(TBS系)に主演中。同ドラマは、ファッション雑誌の編集部を舞台にしたラブコメで、まさに「恋つづ」と同じ路線となっている。さらに萌音は2月から放送が開始されるNHK大河ドラマ「青天を衝け」で、江戸幕府第13代将軍・徳川家定の正室の篤君役という役柄で起用されていることが決定。また今年下半期の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」でも深津絵里や川栄李奈と並んでトリプル主演することが決まっており、まさに大躍進だ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい