TBS宇内梨沙アナの「ガチゲーマー」ぶりが話題 「休みの日は15時間くらいやってます」 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

TBS宇内梨沙アナの「ガチゲーマー」ぶりが話題 「休みの日は15時間くらいやってます」

このエントリーをはてなブックマークに追加
飯塚大和dot.
TBSの宇内梨沙アナ(撮影/加藤夏子)

TBSの宇内梨沙アナ(撮影/加藤夏子)

学生時代には「ミス慶応」に選ばれたこともある(撮影/加藤夏子)

学生時代には「ミス慶応」に選ばれたこともある(撮影/加藤夏子)

 TBSアナウンサーの宇内梨沙さん(29)が「ゲーマー」としても注目されている。昨年11月には、自身もメンバーであるTBS eスポーツ研究所がYouTubeチャンネル「ゲーム実況はじめました。~女子アナゲーマー宇内e~」を開設。「うりゃー!」と叫びながらゲーム実況をする様子は、従来の女子アナ像とは一線を画している。“にわか”には厳しいゲーム愛好家からも「宇内は本物だ」との声が上がる。本人インタビューでも、その尋常ならざる「ゲーム愛」は止まらない。「かわいい女子アナ」ではなく「ガチゲーマー」としての宇内アナの素顔に迫った。

【写真】美貌は健在! 学生時代は「ミス慶応」にも選ばれた宇内アナ

*  *  *
――チャンネル登録者2万人突破、おめでとうございます。宇内さんの動画からは、本気で楽しんでいる様子が伝わってきます。

宇内:プレイしているとムキになっちゃうんですよ。楽しそうにやっているというよりも、(思い通りにならない展開に)ずっとキレてるような(笑)。正直、直属のアナウンス部の先輩方には、声を大にして「動画を見てください!」とは言えないですね……。

――実況するソフトのラインアップは、玄人寄りのものばかり。ファミリー向けのソフトはほとんどありません。

宇内:私の嗜好(しこう)で、どうしてもハードコア寄りになってしまうんです。中学生ぐらいまではポケモンやマリオシリーズなどもよく遊んでいたのですが、洋ゲー(外国のゲーム)に触れるようになってから、だいぶ嗜好が変わりました。

――動画では『デモンズソウル』の再生回数が伸びています。でも、いわゆる“死にゲー”(ゲーム中に何度もゲームオーバーになることを前提とした高難度のゲーム)には苦手意識を持っていたそうですね。

宇内:そうなんです。クリア前に投げ出してしまったソフトがあって、苦手意識がありました。(死にゲーとして有名な)『デモンズソウル』も一切触ったことがなかったんですけど、せっかくPS5があるんだし、ローンチタイトル(ハード機と同時発売されるソフト)を絶対にやりたいと思って、手を出してみました。難しいですが、これがもう楽しいんですよ! 負荷のあるゲームって高ストレスなんですけど、その分、達成したときの興奮や多幸感がすさまじくて。疲れてゲームを中断しても、また1時間後ぐらいにもう一回プレイしたくなる。癖になっちゃいましたね。この中毒性が、精神的にも技術的にも負荷のあるゲームの魅力なんだなと、配信してみて気付きました。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい