公安担当だったジャーナリスト・青木理氏がみた菅政権の本質 「戦後初の警察官僚に牛耳られた政権だ」

2020/12/31 13:00

 7年8カ月にわたる安倍政権が終わり、今年9月、菅義偉首相を戴いた菅政権が誕生した。だが、政権発足時に65%あった支持率は、わずか3カ月で39%まで下落(朝日新聞の世論調査)。GoToトラベル停止の判断の遅れなど、政府のコロナ対応に関する不満は日ごと高まっている。だが、それだけではない。菅首相をはじめ、政権幹部たちの「権力」に対する姿勢も疑問視されている。元共同通信記者で警備・公安担当などを務めたジャーナリストの青木理氏は「このままでは日本は警察国家になる」と警鐘を鳴らす。

あわせて読みたい

  • 任命拒否は「安倍案件でもある」と専門家 前政権から引き継いだ「体質」と「影の実力者」

    任命拒否は「安倍案件でもある」と専門家 前政権から引き継いだ「体質」と「影の実力者」

    AERA

    10/20

    さすらいのジャーナリスト、安倍政権の「隠蔽の構造」暴く

    さすらいのジャーナリスト、安倍政権の「隠蔽の構造」暴く

    AERA

    5/5

  • 「まるで戦前戦中だ」 気に入らぬ者は飛ばして異論封じる…官僚も辟易する菅首相の強権ぶり

    「まるで戦前戦中だ」 気に入らぬ者は飛ばして異論封じる…官僚も辟易する菅首相の強権ぶり

    AERA

    10/27

    菅政権「頓挫」は1年前の“問題”から始まっていた 政治学者・杉田敦さんが指摘する「落ち目には通用しない」成功体験

    菅政権「頓挫」は1年前の“問題”から始まっていた 政治学者・杉田敦さんが指摘する「落ち目には通用しない」成功体験

    AERA

    9/6

  • 退任表明の菅首相、官房長官時代からの強権人事の成功体験が裏目に トドメを刺した横浜市長選

    退任表明の菅首相、官房長官時代からの強権人事の成功体験が裏目に トドメを刺した横浜市長選

    AERA

    9/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す