主犯格がストーカーのように監視 親の“教育虐待”が原因? いじめ低年齢化の実態

ぶらり不登校

2020/12/26 08:02

 文部科学省の調査で過去最多を更新した「いじめの認知件数」。その件数の多さもさることならが、心配なのはいじめの低年齢化です。子どもたちに今、何が起きているのでしょうか。不登校新聞編集長の石井志昂さんが、その実態と背景を探ります。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す