雑食系グルメコメディ漫画『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』のマンボウ料理回を徹底検証!

マンボウ

2020/12/09 18:00

『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』5巻28食め(121ページ)の1コマ。本作品がコメディ漫画であること、マンボウ料理が取り上げられていることがこの1コマでわかる。(C)ぽんとごたんだ/双葉社
『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』5巻28食め(121ページ)の1コマ。本作品がコメディ漫画であること、マンボウ料理が取り上げられていることがこの1コマでわかる。(C)ぽんとごたんだ/双葉社
『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』5巻の表紙と帯。帯に絵があることからもマンボウが本巻の主要キャラクターであることがわかる。(C)ぽんとごたんだ/双葉社
『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』5巻の表紙と帯。帯に絵があることからもマンボウが本巻の主要キャラクターであることがわかる。(C)ぽんとごたんだ/双葉社

 私は漫画やアニメなどサブカルに出てくるマンボウ情報も収集する博士である。

【写真】ギネス認定された「世界最重量硬骨魚」はウシマンボウだった!

 前回、<漁師伝来の珍薬「マンボウの肝油」をようやく作って試してみた>という記事で実際にマンボウ肝油を作った体験レポートと、飲み薬や塗り薬としての可能性をお話ししたが、マンボウの肝臓は普通に料理しても美味しく食べられる。

 そこで今回はマンボウの肝臓料理の一例の紹介も兼ねて、ネットサーフィンで偶然発見した、漫画家ぽんとごたんだ氏の作品『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』のマンボウ回で使われたネタについて科学的視点から徹底検証したい。

■『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』とは?

 雑食系グルメコメディと銘打たれているように、本作品は女子高生が学校で普段はあまり食べないような食材をどこからか入手して、料理し、どんな味がするのかを体験する漫画である。本作品の最大の魅力は食べられるものは何でも食うというスタンスで、テレビなどで単にゲテモノとして紹介される食材にも真摯に向き合い、コメディでありながらもその食材の豆知識、調理手順や料理方法を結構リアルに描いているところである。そのリアルな描写は、各回の最後に作者自身が実際にその食材を料理して食べた感想を書いていることからも支持される。

 この手の主人公は漫画のキャラクターと思われる方も多いだろうが、生物系である私の周りにはこの手の人が結構存在するので親近感がある。私がよく参加するイベント「いきもにあ」や「博物ふぇすてぃばる!」でも雑食好きなクリエイターに出会ったことがあるし、私自身も機会があればいろんなものを食べてみたい。

■漫画で使われたマンボウの知見

 漫画でマンボウは背景やイメージ画像としてちょい役で登場することは時折あるが、1話まるっとマンボウの話が取り上げられることはめったにないので個人的にはうれしかった。しかし、研究者として漫画でネタに使われた知見が正確なのかどうかは検証したくなるもの。まずは漫画で登場したマンボウの知見を以下に箇条書きにする。
*  *  *
 世界最大級の硬骨魚で最大3m。近海のフグが熱帯の海に適応して進化した。ジャンプしたあと水面にぶつかって死ぬなどデマも多い。皮は厚い。寄生虫が多いため、シャチに狙われない、変な行動(ジャンプや日光浴)は寄生虫を取るためという噂。腸は「ひゃくひろ」とも言い、特に寄生虫が多い。泳ぎがそこまでうまくない。主食はクラゲ。生態や行動は謎が多い。

 江戸時代には公家がお吸い物で食べていた。酢味噌和え、塩焼き、天ぷら、湯引き、唐揚げなどで食べ、高知や三重の漁師町ではスーパーに売っている。三重では会席料理に出る。身(肉)はすぐに痛むが、手でほぐすことができ、水っぽいが、ホタテのようにプリッとしている。肝臓は100%寄生虫に寄生されているが、火を通せば大丈夫で美味。腸はミノやホルモンみたいで、ぷりぷりの弾力。食材としてあっさりしているが、マンボウ独特の味がある。
*  *  *

NEXT

漫画で使われた知見の検証

1 2

あわせて読みたい

  • 今年もギネス世界記録を保持! 千葉県で漁獲された2300kgの「世界一重い硬骨魚」とは?

    今年もギネス世界記録を保持! 千葉県で漁獲された2300kgの「世界一重い硬骨魚」とは?

    dot.

    10/10

    漁師伝来の珍薬「マンボウの肝油」をようやく作って試してみた

    漁師伝来の珍薬「マンボウの肝油」をようやく作って試してみた

    dot.

    11/20

  • 博士の知識を丸一日独り占めにできる「レンタル博士」。その魅力と課題とは?

    博士の知識を丸一日独り占めにできる「レンタル博士」。その魅力と課題とは?

    dot.

    11/14

    ポケットモンスターにも貢献する生物分類学。新種発見の「新種」はあくまで仮説!

    ポケットモンスターにも貢献する生物分類学。新種発見の「新種」はあくまで仮説!

    dot.

    8/16

  • 消えた「江の島水族館」のホルマリン漬け巨大マンボウを大追跡……実はマンボウじゃなかった!

    消えた「江の島水族館」のホルマリン漬け巨大マンボウを大追跡……実はマンボウじゃなかった!

    dot.

    4/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す