夜の六本木、5歳と40歳と48歳が泣いた!映画「鬼滅の刃」に鈴木おさむは家族で熱狂 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夜の六本木、5歳と40歳と48歳が泣いた!映画「鬼滅の刃」に鈴木おさむは家族で熱狂

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木おさむdot.#鈴木おさむ
放送作家の鈴木おさむさん

放送作家の鈴木おさむさん

 放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、話題の映画「鬼滅の刃」について。

【画像】「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のパンフレットはこちら

*  *  *
 デートと言えば「映画」と言う人、多いですよね。僕は結婚して18年ですが、妻と交際期間が0日だったため、結婚してからデート的なことをするようになりました。僕は映画を見に行くのが好きなため、結婚当初、時間があると映画行くときには妻を誘っていました。

 だけど、妻は映画を見に行くのがすごく好きなタイプではありません。ある時、妻に言われました。「私が映画を見に行くのが好きなわけじゃない。だから、映画を見に行くのに、毎回誘うのはやめてほしい。本当に2人で見たい映画だけ誘ってほしい」と。それを言われて、ハっとしました。一人で行くよりも2人で行く方がいいだろ!って思いこんでいたのです。自分は映画を見に行くのが好きだけど、「好きじゃない人」もいるんだという当たり前のことに気づかされました。

 そこから、見たい映画があった時に、「1人で見に行くもの」と「2人で見に行くもの」を仕分けるようになりました。

 マイケルジャクソンの「This is it」なんかは2人で見に行き、帰り道、2人そろってムーンウォークな気持ちで歩いたりして。

 そして子供を授かり、今度は「1人で見に行くもの」と「3人で見に行くもの」と「息子と2人で見に行くもの」を選ぶようになりました。

 息子が3歳くらいになったときに、2人で「ジュラシックワールド」を見に行ってから、息子と2人で行くのが選択肢の一つになったのです。「3人で見に行くもの」が一番難しく、ディズニーものとかは外すことはなのですが、妻は基本、映画に前のめりではないので、3人で見に行き、めちゃくちゃテンションが上がったものって実はまだなかった。

 そんな中で、「鬼滅の刃」です。僕は漫画もアニメも見ていたので、映画を心待ちにしていました。息子もこの半年で急に好きになりました。5歳ですが、親戚の家に行き、そこで好きになったようです。すべてを理解してるわけではありませんが、自分でNetflixをつけて見ています。だから映画も楽しみにしていました。妻はまったく見ていません。「見たらハマリそう」とは言ってましたが、見ていない。本当なら、息子と2人で見に行こうと思っていたのですが、なんとなく、「これは家族3人で見た方がいいかもしれない」と思い、妻を誘い家族3人で見にいきました。

 電車の時刻表のようなスケジュールで上映している「鬼滅」の映画ですが、夜の会、六本木、かなり入っていました。

 そして映画が始まる。今まで漫画→アニメからの映画って、大体、スピンオフのようなオリジナルストーリーのものが多いです。この「鬼滅の刃」の場合は、連続アニメの続きが映画になっているわけです。これってありそうで意外とない。しかも原作でかなり勢いが出て来て、この「無限列車編」からハマった人も多いはずで、そこを映画にとっておくという大胆な作戦。原作を知ってる人からしたら超おいしい部位なわけです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい