巨人・吉川の遊撃コンバートの日は近い? 空いた二塁の候補に挙がる“2人の大物” (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

巨人・吉川の遊撃コンバートの日は近い? 空いた二塁の候補に挙がる“2人の大物”

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.sportsdot.
今季はシーズン途中から二塁手の定位置を確保した巨人・吉川尚輝(c)朝日新聞社

今季はシーズン途中から二塁手の定位置を確保した巨人・吉川尚輝(c)朝日新聞社

 1番ショート吉川尚輝。

 誰もが望む巨人の新時代オーダーが現実味を帯びて来た。そうなると気になるのは、ライバル球団の二塁手2人の動向。

【ファンが選んだ平成で最もカッコいいバッティングフォームはこの選手!】
 
 ペナントの行方もほぼ決まった感じもするセ・リーグだが、少しずつザワザワし始めた。それを生み出したのは吉川の好調ぶりだ。

「(吉川)ナオキらしさがようやく出てきた。19年広島での開幕シリーズで爆発した時のような雰囲気を出している。今年は開幕延期などもあってスタートダッシュにつまずいた感じもあったが、普段通りの実力を出せばもっとできる。スピードと守備に関しては文句はないのだから、あとは打撃で結果を残すだけ。ナオキにメドが立てば、球団として温めていたビッグプランも動き出す。球史に残る内野陣を作り上げ、『V9』を超える黄金時代を築き上げるのも夢ではない」(巨人関係者)

 長年巨人の課題となっていたセカンドの“穴”を吉川が埋められるかに関しては、ここ数年大きな注目を集めてきた。16年ドラフト1位で中京学院大から巨人入り。アマチュア時代から走攻守全てにおいて飛び抜けた才能を発揮し大学4年時には大学日本代表にも選出された。スピードを生かしたプレースタイルは評価が高く、入団時には二塁手のレギュラー最右翼と言われ、将来的には遊撃手として巨人を支えると期待されていた。

 プロ入り当初はスピードがあるために、闇雲に打球へチャージする守備で『打球と喧嘩している』と注意されることもあった。しかし18年まで内野守備走塁コーチを務めていた井端弘和の下、徹底的に守備を磨き続けた。

「スピードを自分自身でコントロール(制御)できていないところが現時点の課題。はたから見ると慌てたようなプレーに見えてしまうことがあります。このスピードをうまくコントロールできるようになれば、それこそ日本では並ぶ者がいないくらいの、超がつく一流の内野手になれるのではないでしょうか」(19年11月2日付・週刊ベースボールONLINE)

 現役時代、球界きっての内野守備と言われた井端も認めるほど、守備面での可能性を秘めている。もともとは遊撃手だったため、二塁手もできることで選手としての幅も大きく広がったはず。打撃面での結果が出れば、遊撃コンバートも時間の問題だった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい