東京メトロ新アプリ スマホ苦手筆者が使い勝手を試してみた (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京メトロ新アプリ スマホ苦手筆者が使い勝手を試してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
岸田法眼dot.#鉄道
アプリを開くと、まず登録した路線の列車位置情報や運転状況が表示される(写真/岸田法眼)

アプリを開くと、まず登録した路線の列車位置情報や運転状況が表示される(写真/岸田法眼)

2020年8月27日に開かれた、「東京メトロmy! アプリ」の記者発表。タクシーやシェアサイクルのアプリと連携し、大都市型MaaSの実現を図る(写真/岸田法眼)

2020年8月27日に開かれた、「東京メトロmy! アプリ」の記者発表。タクシーやシェアサイクルのアプリと連携し、大都市型MaaSの実現を図る(写真/岸田法眼)

都心の手軽な交通手段としてすっかり定着したシェアサイクルも、予約まで簡単に行える(写真/岸田法眼)

都心の手軽な交通手段としてすっかり定着したシェアサイクルも、予約まで簡単に行える(写真/岸田法眼)

タクシーのアプリと連携することで、タクシーの待機がない駅でも利用がしやすくなる(写真/岸田法眼)

タクシーのアプリと連携することで、タクシーの待機がない駅でも利用がしやすくなる(写真/岸田法眼)

 さらに運行情報通知設定もあり、東京すべての地下鉄13路線に対応している。通知対象路線、通知頻度、通知曜日、通知時間帯(全時間帯も選択可)を設定すれば、遅延等の情報がいち早く入ることだろう。

(2)混雑の見える化
 銀座線渋谷~表参道など、1区間ごとの列車内の混雑状況、各駅の改札口の混雑状況(日比谷線の北千住や中目黒など、他社線管理駅を除く)を時間帯別にグラフ表示する。
さらに、銀座線渋谷駅は、カメラ画像による改札口の混雑状況を平均(棒グラフ)、本日(折れ線グラフ)の2種類を表示する。

(3)マルチモーダルな経路検索&タクシー、シェアサイクル機能
 「一番の目玉」と東京メトロが自負したのは、マルチモーダルな経路検索だ。例えば、銀座から東京BRTの晴海BRTターミナルまでの経路を検索しよう。出発地点で「銀座」を入力すると、駅、バス停、スポット、住所が表示される。

 駅やバス停は、東京メトロや都営バスで「銀座」の名が付くもの、東急電鉄池上線の戸越銀座駅、神奈川県小田原市の銀座通り停留所が表示される。スポットはいずれも都内の銀座三越、松屋銀座など。住所は東京都中央区のほか、埼玉県熊谷市と本庄市、栃木県鹿沼市と、詳細に表示されている。

 目的地の「晴海」を入力すると、「晴海BRTターミナル」は表示されなかったが、「晴海BRT」にし直すと、表示される。

 経路条件などを設定すると、銀座~晴海BRTは、複数のルートが表示される。一番早くてラクなのは、銀座から日比谷線に乗り、築地で下車(大人運賃はきっぷ170円、IC168円)。ここからタクシーに乗ると、「2.4km 6分」「概算運賃820円」が表示される。きっぷの運賃を含めた交通費は990円(ICの場合、988円)、所要時間は13分。

「東京メトロmy! アプリ」のすごいところは、「タクシーを呼ぶ」にタッチすると、タクシーアプリにアクセスでき、配車できることだ。素早く手配することで、タクシーの行列がない駅でも、すぐ乗車できるのである。

 ほかのルートでは、都営バスの業10系統とうきょうスカイツリー駅前行きが表示され、「走行位置を確認する」にタッチすると、どの位置を走っているかを把握できる。乗車後、晴海一丁目で下車。ここから晴海BRTターミナルまで歩く。交通費はバス代のみ210円(ICも同額)で、所要時間は23分。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい