「格闘技」と「カレーパン」に共通点?“奇抜な名前のパン屋”社長が、MMA大会のスポンサーになったワケ (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「格闘技」と「カレーパン」に共通点?“奇抜な名前のパン屋”社長が、MMA大会のスポンサーになったワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
長谷川亮dot.
岸本拓也社長(左)とONEの大会にも出場するMMAファイターの秋山成勲(右)

岸本拓也社長(左)とONEの大会にも出場するMMAファイターの秋山成勲(右)

岸本拓也社長(左)と9月10日の大会では特別ゲストとして中継席に着いた「 SKE48」の松井珠理奈(右)

岸本拓也社長(左)と9月10日の大会では特別ゲストとして中継席に着いた「 SKE48」の松井珠理奈(右)

 4月以来、実に5ケ月ぶりの開催となった9・10「ROAD to ONE 3rd:TOKYO FIGHT NIGHT」(東京・渋谷O-east)。ONE Championshipとして観客を入れての国内大会は昨年10月の両国以来、実に11カ月ぶりとなった。

【写真】格闘技大好きな「SKE48」のメンバーといえば?

 大会ではD.J MeiことONEファイターのV.V Meiが選手コールを担当、第1試合から堂々としたアナウンスを繰り広げた。そして迎えたメインイベント、青木真也vs江藤公洋戦を前にMeiの口から「カレーパンだ。presents」の一文が発せられると、観客から「カレーパンダ?」「スポンサーか?」といった声が聞かれた。

 ケージ内のコーナーマットにも確認された「カレーパンだ。」は、国内外にユニークなパン屋をプロデュースする「ジャパンベーカリーマーケティング」が手掛ける新店舗。青木vs江藤戦は「カレーパンだ。」の冠試合として行われた。

 そんなジャパンベーカリーマーケティングを長髪&サングラス、そしてド派手な衣装で率いるのが岸本拓也社長。「考えた人すごいわ」などの奇抜な名前のパン屋でも知られ、各種メディアへの登場も多くなっているが、格闘技とは意外な取り合わせ。なぜ今回スポンサーを買って出たのか、そして格闘技との関りを会場で聞いた。

*  *  *

――今回、意外な形でのスポンサードとなりましたが、やはりそもそも格闘技がお好きなのでしょうか。

岸本 やっぱり燃えますし、もう小学校時代からずっと好きで見てました。プロレス、K-1、PRIDEと見てきて、音楽も好きなんですけど、大晦日は紅白より格闘技です(笑)。


――お好きな選手を教えてください。

岸本 昔はやっぱりアントニオ猪木で、K-1になってからは(ジェロム・レ・)バンナとかアーネスト・ホーストも大好きで印象的でした。PRIDEでは高山(善廣)選手とかドン・フライ、好きな選手がいっぱいいます。今日のONEでも青木選手はすごい好きですし、三浦春馬くんとNHKの番組で共演したことがあって、彼のTwitterを見ていて、江幡塁選手も結構前から好きでした。ああいう律儀に愚直にやっている選手ってすごい好きです。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい