阪神ドリスら“元助っ人リリーバー”がMLBで活躍、今後ターゲットになりそうなのは…

2020/09/13 16:00

 今年は新型コロナウイルスの影響もあり、60試合と大幅に試合数が短縮されたメジャーリーグ。今季から海を渡った筒香嘉智(レイズ)、秋山翔吾(レッズ)、山口俊(ブルージェイズ)は苦しいシーズンとなっているが、ダルビッシュ有(カブス)がナ・リーグのサイ・ヤング賞争いを引っ張るなど、今年もMLBから目が離せない状況が続いている。

あわせて読みたい

  • 日本では“ダメ助っ人”だったけど… 韓国&台湾で活躍した選手は多い!

    日本では“ダメ助っ人”だったけど… 韓国&台湾で活躍した選手は多い!

    dot.

    5/24

    異常なほどの成功率? 阪神の「優良助っ人リリーバー」獲得は今やお家芸だ

    異常なほどの成功率? 阪神の「優良助っ人リリーバー」獲得は今やお家芸だ

    dot.

    8/19

  • “元巨人”の選手は昨年に続き活躍! NPBの「元助っ人」たちが今季もMLBで躍動

    “元巨人”の選手は昨年に続き活躍! NPBの「元助っ人」たちが今季もMLBで躍動

    dot.

    9/28

    今季もメジャーの“大物投手”は苦戦傾向 過去にも“松坂の後釜”が年俸3.5億で大失敗

    今季もメジャーの“大物投手”は苦戦傾向 過去にも“松坂の後釜”が年俸3.5億で大失敗

    dot.

    11/18

  • “最活躍”はオリックスの技巧派左腕!<新外国人通信簿 パ・リーグ編>

    “最活躍”はオリックスの技巧派左腕!<新外国人通信簿 パ・リーグ編>

    dot.

    5/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す