お笑い界に10年ぶりの本格的「ネタ番組ブーム」到来への期待 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

お笑い界に10年ぶりの本格的「ネタ番組ブーム」到来への期待

連載「道理で笑える ラリー遠田」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田dot.#ラリー遠田
「お笑いの日2020」の総合MCを務めるダウンタウン(C)朝日新聞社

「お笑いの日2020」の総合MCを務めるダウンタウン(C)朝日新聞社

 また、そういった正統派のネタ番組だけではなく、近年では特殊な形のネタを披露する番組も増えてきた。有田哲平がフレッシュな若手芸人から中年の地下芸人まで幅広い芸人をネタで競わせる『有田ジェネレーション』、芸人たちがターンテーブル状の舞台で歌ネタを次々に披露する『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル』、ひと癖あるネタばかりを見せる『千鳥のクセがスゴいネタGP』など、それぞれに特徴がある。

 以前のネタ番組ブームのときにも、ゴールデンタイムのネタ番組だけでなく、マニアックなネタばかりを見せる深夜番組の『あらびき団』などがあった。ネタ番組の傾向が多様化しているというのも、シーン全体が盛り上がっている証なのだ。

 ウィズコロナの時代を迎えて、テレビで芸人がネタを演じるときにもソーシャルディスタンスを保っていたり、アクリル板を挟んでいたりすることもある。芸人としては当然やりづらいだろう。

 だが、作り手の立場から見ると、1組ずつ芸人が舞台に上がるネタ番組というのは、大勢の芸人がひな壇にズラッと並ぶような番組に比べると、感染リスクが低くて好都合とも言えるのだ。

『お笑いの日』の盛り上がり次第では、約10年ぶりに本格的な「ネタ番組ブーム」が到来する可能性もある。一お笑いファンとしてそうなることを願っている。(お笑い評論家・ラリー遠田)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

ラリー遠田

ラリー遠田(らりー・とおだ)/作家・ライター、お笑い評論家。お笑いやテレビに関する評論、執筆、イベント企画などを手掛ける。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり<ポスト平成>のテレビバラエティ論』 (イースト新書)、『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)など著書多数。近著は『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)。http://owa-writer.com/

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい