廃棄予定の野菜の切れ端が染料に ファッションで実現するサステナブル

SDGs

2020/08/24 09:00

 気候変動やさまざまな社会問題が地球規模で起こるなか、これからの時代はあらゆるジャンルで「サステナブル(持続可能な)」という視点が欠かせない。この先も持続して豊かに暮らせる社会をつくるために、どのような課題を解決していけばいいのか。愛知県名古屋市にある「豊島」は、オーガニックコットンの普及や、廃棄予定の食材を染料にしたアイテムを展開するなど、ファッション界からサステナブルを発信している商社。同社の執行役員で、営業企画室室長の溝口量久さんに話を聞いた。(※出典「東海の大学力2021」)

あわせて読みたい

  • コーヒーかすがファッションに 気軽に貢献できる「エコ」の新しいカタチ

    コーヒーかすがファッションに 気軽に貢献できる「エコ」の新しいカタチ

    AERA

    8/11

    「もったいない」が合言葉 “ごみ箱ダイバー”が日本を旅し廃棄食材で料理する

    「もったいない」が合言葉 “ごみ箱ダイバー”が日本を旅し廃棄食材で料理する

    AERA

    7/30

  • 「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    週刊朝日

    1/17

    「面倒見のいい」大学ランキング1位は? サポート充実の大学は…

    「面倒見のいい」大学ランキング1位は? サポート充実の大学は…

    週刊朝日

    1/17

  • 「科学漫画サバイバル」シリーズ累計1000万部突破! シリーズ初のアニメ映画DVDの発売も発表

    「科学漫画サバイバル」シリーズ累計1000万部突破! シリーズ初のアニメ映画DVDの発売も発表

    9/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す