成功体験の多い人ほど「ない答え」を求めてしまう 医療では弱点に? (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

成功体験の多い人ほど「ない答え」を求めてしまう 医療では弱点に?

連載「現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”」

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚篤司dot.#病院
大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

 2018年に発表された論文では、がんの標準治療を受けた患者さんに比較して、代替療法のみを受けた患者さんのほうが予後が悪かったというデータが出ています。

 さらにこの研究から、代替療法を選ぶ患者さんの特性として、社会的地位の高い人や経済的に豊かな人があげられています。(JNCI. 110, 121-124, 2018)

 科学的に根拠のない民間療法を唯一の正解として盲信してしまうのは、ポジティブ・ケイパビリティーを鍛え上げてきた人の弱点とも言えます。

 ネガティブ・ケイパビリティーではなく、ポジティブ・ケイパビリティーを発揮してしまうのは患者さんに限った話ではなく、医療従事者も同じです。

 慢性疾患の患者さんに冷たく「治りません」と言い放ってしまう医療従事者は、病気を受け入れられない患者さんを見続けるのがつらい、と感じた結果の言動なのかもしれません。

 いまの世の中を見回してみると、私を含めネガティブ・ケイパビリティーが足りないと感じる場面が多く存在します。

 新型コロナウイルス感染症をめぐっては、感染症対策を優先するか経済をとるかの二元論で議論を進めがちです。

 もしかしたら、対策としての正解は見つかっていないのではなく、すでに私たちが実践している内容にあるのかもしれません。

 答えが見えない苦しい状況を耐え抜く力。

 ネガティブ・ケイパビリティーは現代社会に生きる私たちがいまこそ必要な能力ではないでしょうか。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

大塚篤司

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医。がん治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい