ひざ軟骨の再生で痛みなく歩けるようになる?  iPS細胞を使った軟骨組織の再生治療

ヘルス

2020/06/17 17:00

 2006年に京都大学の山中伸弥医師らが世界で初めて作製に成功したiPS細胞。現在、実際の治療に向けてさまざまな分野で研究が進められている。なかでも、損傷したひざ軟骨への移植は2020年中に実施予定で計画が進められている。週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』では、研究の最前線に立つ京都大学iPS細胞研究所の妻木範行医師に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 膝の痛みを軽減する再生医療「自家培養軟骨」が保険適用に

    膝の痛みを軽減する再生医療「自家培養軟骨」が保険適用に

    週刊朝日

    6/7

    ALS、アルツハイマーも根治? iPS細胞が持つ「難病治療」の可能性

    ALS、アルツハイマーも根治? iPS細胞が持つ「難病治療」の可能性

    週刊朝日

    2/20

  • 山中伸弥「iPS細胞でコロナウイルスを克服、健康寿命も延ばす」

    山中伸弥「iPS細胞でコロナウイルスを克服、健康寿命も延ばす」

    週刊朝日

    2/19

    「舵取りを誤るな」 iPS細胞で日本がトップでいるために

    「舵取りを誤るな」 iPS細胞で日本がトップでいるために

    週刊朝日

    8/21

  • iPS細胞は難病の治療薬を探す研究にも 研究者に聞いた再生医療最前線

    iPS細胞は難病の治療薬を探す研究にも 研究者に聞いた再生医療最前線

    dot.

    6/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す