“逸材中の逸材”は誰だ? 過去10年のドラフト指名選手を番付にしてみた【投手編】

2020/06/06 16:00

 2010年代も多くのドラマがあったプロ野球ドラフト会議。毎年のように目玉と言われる選手が出現し、プロ入り後に期待通りの活躍を見せた選手もいればプロの壁や故障に苦しんでいる選手もいる。そこで今回は過去10年間(2010年~2019年)に指名された選手の期待度を番付形式で10人選んでみたいと思う。プロ入り後の活躍は考慮せず、あくまでもドラフト会議時点での評価を対象とした。前回の野手編に続いて今回は投手編をお届けする。

あわせて読みたい

  • “過大評価”の選手も? 甲子園の活躍がスカウト陣に与える「大きな影響」

    “過大評価”の選手も? 甲子園の活躍がスカウト陣に与える「大きな影響」

    dot.

    9/17

    “逸材中の逸材”は誰だ? 過去10年のドラフト指名選手を番付にしてみた【野手編】

    “逸材中の逸材”は誰だ? 過去10年のドラフト指名選手を番付にしてみた【野手編】

    dot.

    6/5

  • ドラフトで注目浴びた「ビッグ3」や「四天王」 プロ入り後“全員成功”のケースあるか

    ドラフトで注目浴びた「ビッグ3」や「四天王」 プロ入り後“全員成功”のケースあるか

    dot.

    5/21

    プロ野球ドラフト「素材型」上位指名のリスクは? 成功、失敗した選手の顔ぶれ

    プロ野球ドラフト「素材型」上位指名のリスクは? 成功、失敗した選手の顔ぶれ

    dot.

    2/23

  • 今季は阪神・佐藤輝明がブレークも、「大卒スラッガー」の“成功率”は高くない?

    今季は阪神・佐藤輝明がブレークも、「大卒スラッガー」の“成功率”は高くない?

    dot.

    6/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す