サイボウズ社がリーマンショック後に売り上げを伸ばせたのは、一人の社員の「わがまま」のおかげだった

仕事

2020/06/08 09:00

「“わがまま”こそが『新たな社会を創り出す原動力』」だと断言するのは、サイボウズ社の社長・青野慶久氏だ。社員の“わがまま”に耳を傾けたことで、リーマンショックの影響で4年間横ばいだった売り上げを、再び伸ばすことができたという。その理由を、サイボウズチームワーク総研著『「わがまま」がチームを強くする。』(朝日新聞出版)から一部を抜粋・再構成して紹介する。

あわせて読みたい

  • 若手社員のコーヒー代は会社が払ったほうがいい理由

    若手社員のコーヒー代は会社が払ったほうがいい理由

    dot.

    6/15

    サイボウズや今治タオルも…社員の「わがまま」が会社の売り上げを伸ばす

    サイボウズや今治タオルも…社員の「わがまま」が会社の売り上げを伸ばす

    dot.

    6/22

  • 3年休んでも大丈夫!? 企業の“面白休暇”制度

    3年休んでも大丈夫!? 企業の“面白休暇”制度

    週刊朝日

    6/28

    「会議は公開生放送と考えよ」サイボウズ青野社長に聞く リモート時代の新会議術

    「会議は公開生放送と考えよ」サイボウズ青野社長に聞く リモート時代の新会議術

    dot.

    6/9

  • 「大事なのは“伏業”にしないこと」サイボウズ青野慶久社長が副業を語る

    「大事なのは“伏業”にしないこと」サイボウズ青野慶久社長が副業を語る

    AERA

    12/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す