「貧困ビジネス」施設が“終のすみか”に…アパートの老朽化から始まる転落人生

朝日新聞出版の本

2020/05/05 17:00

 新型コロナの影響で新たな貧困層の増える可能性がある。それがなにを引き起こすのか? 仮に生活保護制度を利用しても、行政が住まいの確保にまで動いてくれるケースはまれである。福祉事務所の中には、立ち退きに遭っている高齢者が窓口に相談に来た場合、民間の宿泊施設への入所を勧めるところが少なくない。その中には、「貧困ビジネス」と言われる劣悪な環境の施設も多く含まれている。ホームレス問題や「大人の貧困」の実態をルポした『閉ざされた扉をこじ開ける』(朝日新書)の著者、一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事・稲葉剛氏が報告する。

あわせて読みたい

  • 年金が生活保護以下で「老後破綻」 漂流し、搾取される高齢者

    年金が生活保護以下で「老後破綻」 漂流し、搾取される高齢者

    週刊朝日

    9/11

    年金目当ての子から逃げ…増える経済的虐待からの「老人ホーム避難」

    年金目当ての子から逃げ…増える経済的虐待からの「老人ホーム避難」

    AERA

    6/4

  • 「貧困ビジネス」悪徳老人ホームは低所得高齢者を狙っている 専門家が解説

    「貧困ビジネス」悪徳老人ホームは低所得高齢者を狙っている 専門家が解説

    dot.

    2/4

    貧困と地域

    貧困と地域

    週刊朝日

    5/10

  • 下流老人を狙う貧困ビジネス 年金では足りず除染で補てんも

    下流老人を狙う貧困ビジネス 年金では足りず除染で補てんも

    週刊朝日

    9/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す