「イナバウアー」は荒川静香から羽生結弦へ… 受け継がれるフィギュアの“美しき技” (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「イナバウアー」は荒川静香から羽生結弦へ… 受け継がれるフィギュアの“美しき技”

このエントリーをはてなブックマークに追加
沢田聡子dot.
イナバウアーを披露する荒川静香 (c)朝日新聞社

イナバウアーを披露する荒川静香 (c)朝日新聞社

イナバウアーを披露する羽生結弦 (c)朝日新聞社

イナバウアーを披露する羽生結弦 (c)朝日新聞社

 ハイドロブレーディングは『Origin』の振付を手がけた元アイスダンサー、シェイ=リーン・ボーンが、現役時代にトレードマークにしていた得意技でもある。また、荒川がホームリンクとしていたアイスリンク仙台を訪れた際、そこで練習していた幼い羽生にイナバウアーを見てほしいと頼まれたことがあるという。名スケーター達により世代を超えて受け継がれる技が凝縮されているからこそ、羽生の演技は人の心を打つのかもしれない。

 羽生は、四大陸選手権からショート・フリーとも平昌五輪シーズンのプログラムに戻すことが明らかになっている。羽生がフリー『SEIMEI』を滑った最後の試合は、平昌五輪だった。すべてのジャンプ要素を終え、金メダル獲得を確信した羽生が見せたハイドロブレーディングとレイバック・イナバウアーは、強く深い印象を残している。今季のフリー『SEIMEI』は30秒短いバージョンに変更されるが、羽生の美しいハイドロブレーディングとレイバック・イナバウアーが再び見られることを期待したい。(文・沢田聡子)

●沢田聡子/1972年、埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社に勤めながら、97年にライターとして活動を始める。2004年からフリー。シンクロナイズドスイミング、アイスホッケー、フィギュアスケート、ヨガ等を取材して雑誌やウェブに寄稿している。「SATOKO’s arena」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい