ソフトバンクGに学ぶ、ワンランク上の決算書の読み方 売上が増えなくても、利益が爆増するカラクリ

仕事

2020/01/31 17:00

 ソフトバンクグループ(以下、ソフトバンクG)の決算発表は、なぜ毎回、議論を巻き起こすのか。その特異な利益構造を読み解き、上辺の数字に「騙されない」分析法について、『100分でわかる!決算書「超分析」入門』シリーズの著者・佐伯良隆氏に聞いた。

あわせて読みたい

  • 孫正義氏の“神通力”途切れた? ソフトバンクGが7千億円の赤字

    孫正義氏の“神通力”途切れた? ソフトバンクGが7千億円の赤字

    AERA

    11/12

    「決算書」でわかる ライザップとソフトバンクの意外な共通点

    「決算書」でわかる ライザップとソフトバンクの意外な共通点

    dot.

    1/31

  • 2兆円稼いで法人税500万ってなぜ? ソフトバンクグループ「租税回避」の手口を誰でも分かる徹底解説!

    2兆円稼いで法人税500万ってなぜ? ソフトバンクグループ「租税回避」の手口を誰でも分かる徹底解説!

    AERA

    2/7

    ソフトバンクG投資戦略暗転 市場が孫氏に促す三つの猛省

    ソフトバンクG投資戦略暗転 市場が孫氏に促す三つの猛省

    週刊朝日

    11/13

  • ソフトバンク上場で調達「約2.4兆円」の使い道は? 浮かぶ深刻課題

    ソフトバンク上場で調達「約2.4兆円」の使い道は? 浮かぶ深刻課題

    AERA

    1/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す