観月ありさ&松下由樹「ナースのお仕事」コンビが今も一線で活躍できる理由

2019/12/26 11:30

 TBSラジオ「ACTION」(10月4日放送)に出演した際、松下は様々な職種を演じるにあたり、伝わらなくてもいい部分を大事にしていると語っている。その職業の人が日常生活で心掛けていることや動きなどが、どこにあるのかを気にかけているとか。「ナースのお仕事」の時は、患者に声をかけるときの腰の位置、目線の高さ、布団の掛け方など、丁寧に取り入れてやっていたという。

「コメディにも定評がある松下ですが、『笑い』についてWEBマガジンで語っていたこともあります。自分で笑わしにいくのではなく、純粋に芝居をし、マジメにやるほど周りが笑ってしまう展開になるようにやってきたとか。無理にウケようとしないところは、さすがプロという感じですよね」(同)

■「ナースのお仕事」復活はあるのか

「ナースのお仕事」同様、キャラクターが違う観月&松下。そんな2人の関係についてだが、「お互いにリスペクトしているようです」と語るのは女性週刊誌の芸能担当記者だ。

「2017年にリーディングコンサートで久々の共演を果たした2人。製作発表で互いの『凄いところ』を聞かれ、松下は観月について『動じないところ。若い頃からキャピキャピしていなくて頼もしい。こちらも引き込まれるお芝居をする』と言い、観月は松下について『いつも引っ張って頂いています。現場で落ち込んでいると、気配を感じとって声をかけてくれる凄くいい先輩です』と語っていました。そんな名コンビですが、松下はシリアスからコメディまでどんな役でもハマり、観月はアラフォーになってもオーラを放っていますし、2人ともまだまだ飛躍が期待できると思います」

 ドラマウォッチャーの中村裕一氏は、そんな2人の魅力についてこう分析する。

「まずなにより二人とも画面に“映える”というのが大きい。『ナースのお仕事』の時から感じていましたが、この2人のツーショットには場を和ませる不思議な安定感と、何かやってくれるだろうという期待感があります。女優としては、さすが2人とも第一線で活躍してきただけあって基本的な演技力は十分備わっていると言えるでしょう。移り変わりの激しいテレビドラマの世界において、これだけ出演作が途切れないということは、そこに彼女たちの人間的な魅力が加わり、多くのスタッフから愛されてきた証拠だと思います。2人がより一層映えるのはコメディだと思うので、5年前に放送されたスペシャルドラマ以来の『ナースのお仕事』コンビの復活を待ち望んでいる視聴者もきっと多いのではないでしょうか」

 演技力だけでなく貫禄も増した2人。再びドラマで息の合った掛け合いを見たいと思っている人も多いのでは。(丸山ひろし)

1 2

あわせて読みたい

  • 観月ありさ 12年ぶりの『ナースのお仕事』復活で主題歌も担当

    観月ありさ 12年ぶりの『ナースのお仕事』復活で主題歌も担当

    Billboard JAPAN

    10/28

    【ドラマ評】おぎやはぎ小木の夫役が絶妙 理由は「腹立つ顔」だから?
    筆者の顔写真

    カトリーヌあやこ

    【ドラマ評】おぎやはぎ小木の夫役が絶妙 理由は「腹立つ顔」だから?

    週刊朝日

    12/20

  • 「悪役」ハマった観月ありさ 29年連続連ドラ出演記録女優の「ある変化」

    「悪役」ハマった観月ありさ 29年連続連ドラ出演記録女優の「ある変化」

    dot.

    10/15

    緑黄色社会、波瑠主演&いくえみ綾原作ドラマ『G線上のあなたと私』主題歌を担当

    緑黄色社会、波瑠主演&いくえみ綾原作ドラマ『G線上のあなたと私』主題歌を担当

    Billboard JAPAN

    9/25

  • コブクロ、小泉孝太郎主演のドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』主題歌決定

    コブクロ、小泉孝太郎主演のドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』主題歌決定

    Billboard JAPAN

    1/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す