東大卒ママが吠える! ただ走るだけの「マラソン」……子どもへのメリットは何なのか? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東大卒ママが吠える! ただ走るだけの「マラソン」……子どもへのメリットは何なのか?

連載「偏差値29で東大に合格したなっちゃんの ただいま子育て猛勉強中!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山奈津子dot.
杉山・奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など

杉山・奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など

デンマークでは、生まれ月による悲劇で子どもたちの才能をつぶすことがないよう、差がなくなる10歳までは能力別のグループ分けを禁止するように政策で決めているという

デンマークでは、生まれ月による悲劇で子どもたちの才能をつぶすことがないよう、差がなくなる10歳までは能力別のグループ分けを禁止するように政策で決めているという

 うつ病を克服し、偏差値29から東大に合格。ベストセラー『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』の著者・杉山奈津子さんが、今や5歳児母。日々子育てに奮闘する中で見えてきた“なっちゃん流教育論”をお届けします。

 この連載が本になりました。タイトルは『東大ママのラク&サボでも「できる子」になる育児法』です。杉山さん自身が心理カウンセラーとして学んできた学術的根拠も交えつつ語る「私の育児論」を、ぜひご覧ください。

*  *  *
 みなさんが学生の頃、マラソン大会ってありましたか? それは楽しかったですか? 大嫌いではありませんでしたか? 私の周囲には、「マラソン大会が好きな人」なんて一人もいませんでしたが。

 息子が通っている幼稚園は、はやくもマラソン大会が存在します。年長だと1キロ走るのだそうで、大人の私でもなかなか大変な距離です(私が運動不足という理由もありますが)。その長さを、小さな足でひたすら走るわけです。

 でも、子どもがただただ走ることのメリットってなんなのでしょうか?

■子どもにとって運動は欠かせないが、なぜ「マラソン」?

 もちろん、子どもにとって運動は、体や神経の発達、心の育成、将来の生活習慣のために決して欠かせないものです。問題は、なぜあえて「マラソン」でなければならないのか、という点です。幼稚園や学校には運動するための器具や遊具がたくさんそろっており、体育館やグラウンドもあります。

 なのに、それを利用せず、「走るだけ」という、子どもにとってつまらないうえに苦痛を感じる運動をさせる必要はあるのでしょうか。

 たとえば、体育でサッカーやバスケットの授業ならば、得点をとろうと楽しみながら運動ができますし、ドリブルやシュートの練習で「いつのまにか走っている」わけなので、走ること自体に苦痛を感じることはありません。

 対して、ただ走るだけのマラソンだと、ひたすらに足と腕を前後に動かす動作しかないので、心肺機能を高める効果はつきますが、サッカーのようにボールを遠くまで蹴るために太ももの筋肉をつかったり、急な方向転換で体幹が鍛えられたり、というおまけがほとんどありません(当然ですがサッカーでも心肺機能が高まります)。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい