「包丁を持ち出して脅してしまった」攻撃性へ転じる高齢者に何が? 精神科医の答えは?

医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い

ヘルス

2019/11/07 07:00

 高齢になると、進行性のもの忘れに加えて、つじつまの合わない会話やイライラの存在もうかがわれ、ときに攻撃性へ転じることもあります。これは認知症の症状なのでしょうか? 千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師が相談に答えます。

あわせて読みたい

  • もの忘れの症状がない「認知症」もある? 怒りっぽくなる、マナーが守れなくなる…
    筆者の顔写真

    大石賢吾

    もの忘れの症状がない「認知症」もある? 怒りっぽくなる、マナーが守れなくなる…

    dot.

    9/19

    「脳が萎縮していたら認知症?」 検査結果を心配する人に専門医の答えは?
    筆者の顔写真

    大石賢吾

    「脳が萎縮していたら認知症?」 検査結果を心配する人に専門医の答えは?

    dot.

    5/2

  • 認知症 初期・中期・後期で変わる患者への対応

    認知症 初期・中期・後期で変わる患者への対応

    週刊朝日

    3/10

    独居なのに「家にかわいい子どもがいる」と言う70代の母 その不安に精神科医は?
    筆者の顔写真

    大石賢吾

    独居なのに「家にかわいい子どもがいる」と言う70代の母 その不安に精神科医は?

    週刊朝日

    4/4

  • 脳の神経細胞を再生へ アロマテラピーの認知症予防効果に期待
    筆者の顔写真

    帯津良一

    脳の神経細胞を再生へ アロマテラピーの認知症予防効果に期待

    週刊朝日

    8/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す