診察で皮膚科医が患者の「肌を触る」二つの理由とは?

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

2019/11/01 07:00

 病院の診療科によって医師がおこなう診療行為はさまざまですが、皮膚を診る皮膚科では触診も重要な診断方法です。好評発売中の『心にしみる皮膚の話』の著者で、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が「肌を触る」理由を解説します。

あわせて読みたい

  • オンライン診療恒久化へ 医師は画面だけでどこまで診断できる?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    オンライン診療恒久化へ 医師は画面だけでどこまで診断できる?

    dot.

    10/30

    ノーベル賞受賞のC型肝炎ウイルス 肝臓の病気なのに皮膚のブツブツで見つかるケースも
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    ノーベル賞受賞のC型肝炎ウイルス 肝臓の病気なのに皮膚のブツブツで見つかるケースも

    dot.

    10/9

  • クリスマスツリーのように見える皮膚の病気の名前が難しい 皮膚科医が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    クリスマスツリーのように見える皮膚の病気の名前が難しい 皮膚科医が解説

    dot.

    12/25

    「いんきんたむし」に似ている「皮膚がん」も! 皮膚科医が指摘する三つの見逃しやすいタイプとは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「いんきんたむし」に似ている「皮膚がん」も! 皮膚科医が指摘する三つの見逃しやすいタイプとは?

    dot.

    11/8

  • 薬の副作用で皮膚がかゆくなる、赤いブツブツができる… 放置してはいけない重症化する症状は?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    薬の副作用で皮膚がかゆくなる、赤いブツブツができる… 放置してはいけない重症化する症状は?

    dot.

    11/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す