完璧主義アホから抜け出すには?<アホから解放される相談室> (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

完璧主義アホから抜け出すには?<アホから解放される相談室>

連載「アホから解放される相談室」

このエントリーをはてなブックマークに追加
田村耕太郎さん

田村耕太郎さん

足を引きずり合うような完璧主義はもうやめよう ※写真はイメージです

足を引きずり合うような完璧主義はもうやめよう ※写真はイメージです

「アホとは戦うな。時間の無駄である」と提唱する、元政治家であり、現在はシンガポール・リークアンユー政治大学院で教鞭を執る田村耕太郎さん。しかし、シリーズ75万部を突破した著書『頭に来てもアホとは戦うな!』の読者からは、「それでも戦ってしまう……」と多くの悩みの声が寄せられているという。日々の仕事・暮らしの中で「アホ」に悩んでいるあなたに、ちょっとでも気持ちが楽になるヒントを田村さんが提案する連載「アホから解放される相談室」。今回は「完璧主義を求めすぎてしまうこと」について。

*  *  *
【相談】

 近所のコンビニの店員の態度に腹が立っています。いつもけだるそうで、レジに行列ができてもチンタラ作業をしてイライラしています。何か買っても「ありがとう」も言いません。違うコンビニに行けばいいのですが、最寄りのコンビニがそこしかなく、行かざるを得ません。どうしたらイライラしなくなるでしょうか。

■人間だから、こんなもの

 日本人の多くは、お互いに完璧を求めすぎです。例えば、「時間」とか「ぶれなさ」とか、そんなことを求めているようです。

「時間」の使い方で言えば、日本人はアポイントの時間を非常に気にするのに、時間の使い方はルーズで、他人の時間をなんとも思っていない感じがします。

「ぶれなさ」もいいですが、この激変の時代、時には「朝令暮改」というより「朝令朝改」が必要な時もあります。素早く変化しないといけません。

 世界的には非常に安い時給で人をこき使いながら、なのに、「情熱」とか「態度」とか、付加価値を生み出すことにつながらない完璧さを求めがちです。

 だから、やたら労働時間がかかる割に生産性は低く、賃金も増えないのでしょう。
これまでは、日本は「同調圧力」を創り出すことによって、独自の立場を築けたと思いますが、この長所が21世紀には強烈な短所になってくると思います。
  
 かくいう”純ジャパ”の私も、日本にいる時間がかなり減って相当変わりました。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい