巨人・上原にも適正あり  MLB流行の「オープナー」で活躍しそうなのは?

2019/05/09 17:00

 今年のプロ野球で密かに注目を集めている戦術がある。本来リリーフの投手が先発し、短いイニングで第二先発に繋ぐ「オープナー」という起用法だ。昨年、MLBのレイズが本格的に導入したことでその言葉が広まり、NPBでもここまで日本ハムとDeNAがこの手法を積極的に採用している。4月21日には国吉佑樹(DeNA)が1回4失点、30日にも進藤拓也(DeNA)が3回7失点で降板するなど失敗するケースも目立つが、5月1日には中継ぎ登板から中二日で先発した堀瑞輝(日本ハム)が2回1/3を1失点でしのぎ、チームも7対2で勝利をおさめている。そこで今回は先発や大事な場面のリリーフでは実績を残していないものの、オープナーで起用すると力を発揮しそうな投手をピックアップしてみたいと思う。

あわせて読みたい

  • 1位指名も複数あるぞ! U-18W杯で高い潜在能力見せた「ドラフト候補」は?

    1位指名も複数あるぞ! U-18W杯で高い潜在能力見せた「ドラフト候補」は?

    dot.

    9/10

    活躍するのはスターだけじゃない! メジャーで意外に飛躍しそうな“いぶし銀”は?

    活躍するのはスターだけじゃない! メジャーで意外に飛躍しそうな“いぶし銀”は?

    dot.

    4/29

  • 「オープナー」は日本に合わない? 思わぬ弊害とは?

    「オープナー」は日本に合わない? 思わぬ弊害とは?

    週刊朝日

    4/28

    中日・松坂大輔に「使い道」はあるのか? 復帰後ベストの起用法は…

    中日・松坂大輔に「使い道」はあるのか? 復帰後ベストの起用法は…

    dot.

    6/18

  • 結婚を発表した日本ハムの斎藤祐樹が今季正念場を迎えるワケ

    結婚を発表した日本ハムの斎藤祐樹が今季正念場を迎えるワケ

    週刊朝日

    1/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す