やっぱり大吉先生は、すっごくモテると思う (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

やっぱり大吉先生は、すっごくモテると思う

連載「あの人ってば。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子dot.#矢部万紀子
博多大吉 (c)朝日新聞社

博多大吉 (c)朝日新聞社

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

 最近、ラジオをよく聴いている。好みのタイプの番組を追いかけて感じていたのが、ラジオ番組って教室っぽいなということだ。

 年齢はバラバラなんだけどリスナーという生徒がたくさんいて、パーソナリティーは先生だったり生徒だったりと個性によって違う感じ。今どきのリアルな教室はスクールカーストだなんだと深刻そうだが、ラジオの教室はそんなことはない。嫌になったら転校すればよいし、気に入ったらずっといればよい。楽しい。

 というようなことを思うようになったのは、「赤江珠緒たまむすび」(TBSラジオ)をよく聴いていたからだと思う。そうご存じ、『FRIDAY』(5月3日号)に「芝生添い寝デート」を撮られた赤江珠緒&博多大吉がレギュラー出演している番組だ。

【写真】大吉先生と「芝生添い寝デート」を撮られた赤江珠緒

 念のため添い寝デートの基礎講座をレクチャーすると、2人は週3回も会っていて、そのうちの1回は青山でランチをした後に公園に行って、満開の桜の下の芝生で寝そべって、その写真を撮られ、2人は既婚者だから「許されない恋」かもしれず、博多は「あさイチ」(NHK)のキャスターでもあり、いかがなものか。と、こんな感じ。

「たまむすび」を聴いていて、赤江はドジで可愛い学級員だなーと思っていた。私が好きなのは火曜(パートナー・山里亮太)、水曜(パートナー・博多大吉)、木曜(パートナー・ピエール瀧)だったのだが、「山ちゃん」(と呼ばれている、以下同)は年下のちょっと落ち着きのない生徒、「大吉先生」はクールな相方の学級委員、「瀧さん」はいつまでも遊びに来るOB、みんな「たまちゃん」が好きなんだなーと聴いていた。

 だから『FRIDAY』を見て読んで、瞬間的に思い出したのが、大吉のある言葉だった。瀧が逮捕された翌日(3月13日)の「たまむすび」で赤江に語った言葉だ。

 番組冒頭、赤江はかなり長く瀧への思いを語った。逮捕事実への怒りより、動揺が伝わってきた。瀧を「ラジオの中の恩人」だと言い、彼の体調と彼の家族のことを心配していた。時に涙声になった。大吉は聞き役に徹していたが、最後にこう言った。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい