好発進「俺スカ」で下ネタ連発 白石麻衣はなんでも許すアイドルだった!?

丸山ひろしdot.
■コウメ太夫のコスプレや罰ゲームで悶絶する姿も

 俳優の古田新太が主演を務める連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)の第1話が4月20日に放送され、平均視聴率10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。同作は「ダイバーシティ(多様性)」を掲げた私立高校を舞台に、古田演じるゲイで女装家の高校教師が型破りな方法で問題を解決していく学園ドラマ。視聴率2ケタ台の好発進という形になった。

バカ売れしいてる「過去最大級にセクシーな写真集」はこちら

 そんな中、注目を集めていたのは採用2年目の世界史教師役を演じている、乃木坂46の白石麻衣(26)。理想とのギャップに心が折れ、やさぐれた反抗期全開の教師というキャラで、「ポ○チン」「デ○チン」と下ネタを連発。SNS上では「白石麻衣が思い切り下ネタ言っててビビった」「堂々と言ってるのでビックリした」と、驚きの声があがっている。

 乃木坂46の絶対的存在で美の象徴と評される白石の大胆な下ネタはかなりの衝撃だが、彼女の場合、これまでにもそんな懐の深さを感じさせるエピソードが多いのだ。

 まず、トップアイドルとなった今でもバラエティ番組で体を張っているところだろう。昨年10月に放送された「乃木坂工事中」(テレビ東京系)では、ゲームに負けた罰としてお笑い芸人・コウメ太夫の白塗りコスプレに。「チャンチャカチャンチャン~」とおなじみのフレーズを口ずさみながら登場し、「必死にツイスターゲーム頑張ったのに~、負けてコウメ太夫になりました~、チクショー!」とギャグも披露。また、昨年6月に放送された同番組の罰ゲームでは、大きなカエルを手のひらに乗せられ、涙目で顔をこわばらせながら悶絶していた。アイドルらしからぬリアクションも見せる白石だが、そんな番組を盛り上げようとする姿勢は好感が持てる。

 メンバーからの暴露話にも寛大だ。トーク番組に出演した際、メンバーの松村沙友理と秋元真夏が、白石は着替えの時、絶対にパンツを見せないと暴露。続けて、「上はある。見たことが」「パンツだけは絶対見せない」「パンツに秘密がある」と言うと、白石は爆笑。しかも、自ら「普通のパンツです」「ぱっぱ、ぱっぱ脱いじゃうタイプなので」と着替え事情を明かしていた(『おしゃれイズム』2017年11月19日放送)。

続きを読む

次ページ>

学生時代の経験が糧に

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック