『ゴッドタン』の名物Pが『ANN』パーソナリティーになった理由 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『ゴッドタン』の名物Pが『ANN』パーソナリティーになった理由

連載「道理で笑える ラリー遠田」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田dot.#ラリー遠田
芸人からの信頼も絶大な佐久間プロデューサー (c)朝日新聞社

芸人からの信頼も絶大な佐久間プロデューサー (c)朝日新聞社

 テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーがこの4月からニッポン放送で『オールナイトニッポン0』のMCを務めることになった。佐久間氏は『ゴッドタン』『青春高校3年C組』などの人気番組を手がけているテレビ東京の名物テレビマンである。自身の番組やメディアなどで顔を出す機会も多く、バラエティ好きやお笑い好きにはよく知られた人物である。ツイッターのフォロワー数は現在14万人を超えている。

【写真】佐久間チルドレンの女優・早見あかりはこちら

 佐久間氏は2015年にも単発番組『佐久間宣行のオールナイトニッポンR』でDJを務めていたことがある。その後も芸人やアイドルがレギュラー出演している『オールナイトニッポン』にゲストとして何度か登場していた。そして今回ついに、満を持して冠番組が始まることになった。

 テレビ制作者がタレントとして活動をすること自体は珍しいことではない。ただ、そのほとんどは、フリーの放送作家や制作会社所属のディレクター、プロデューサーなどである。鈴木おさむ、テリー伊藤などがその一例だ。彼らはテレビ局に所属していない外部の人間だからこそ、ある程度は自由な活動をすることが許されている。テレビ局に所属する現役のサラリーマンが、系列局でもないラジオ局で番組を始めるのは異例のことだ。起用する側の狙いは何なのか。

 まず、考えられるのは、ニッポン放送の番組にテレビ東京の社員を起用するという試み自体にニュース性があって面白い、ということだ。前例がない取り組みだからこそ、それだけで話題になる。また、佐久間氏は数々の人気番組を手がけている名物テレビマンであり、熱烈な支持者も多い。佐久間氏の携わってきた番組のファンが、これをきっかけにラジオを聴いてくれるかもしれない。テレビの客をラジオに呼べるという意味でも、佐久間氏を起用するメリットは大きい。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい