給食費を払わずに高価なブランド服を着させて… 教師が語る「集金」「ブラック部活」の現実

受験

2019/03/29 08:00

 AERA dot.が9日に配信した「教育学部の志願者数が約10年で激減」の記事にもあるが、都市部の大学を中心に、教育学部の志願者数が大きく減少している。長時間労働でブラックだと言われている教員だが、実情はどうか。また、モンスターペアレント、モンスターチルドレンの出現で、教育現場にはどのような苦労があるのか。ここでは特に苦労が多いと言われる小学校教員らの声をお伝えする。

あわせて読みたい

  • 教職のブラックすぎが原因!? 教育学部の志願者数が約10年で「激減」の衝撃

    教職のブラックすぎが原因!? 教育学部の志願者数が約10年で「激減」の衝撃

    dot.

    3/9

    教師を過労死へと追い詰めた元凶「定額働かせ放題」改正求め3万筆署名提出

    教師を過労死へと追い詰めた元凶「定額働かせ放題」改正求め3万筆署名提出

    AERA

    12/6

  • 都市部で教育学部志願者減も地方は人気復活 どうなるコロナ禍の“ブラック教職”

    都市部で教育学部志願者減も地方は人気復活 どうなるコロナ禍の“ブラック教職”

    週刊朝日

    11/15

    早実初等部が志願者増加数前年度比トップ! 首都圏私立小「お受験」志願者ランキング2022

    早実初等部が志願者増加数前年度比トップ! 首都圏私立小「お受験」志願者ランキング2022

    dot.

    8/29

  • 「制服か私服か」で校内が真っ二つ、校長が下した決断は 名門・都立小石川中高一貫化の軋轢と改革

    「制服か私服か」で校内が真っ二つ、校長が下した決断は 名門・都立小石川中高一貫化の軋轢と改革

    dot.

    3/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す