酒井、昌子、川島… 「日本人は無理」と言われたフランスで守備選手が通用する理由

2019/03/11 16:00

 2018年ロシアワールドカップから8カ月。ベスト16入りした日本代表守備陣のうち、川島永嗣(ストラスブール)、酒井宏樹(マルセイユ)、昌子源(トゥールーズ)の3人がプレーするのがフランス・リーグアンだ。川島は今季公式戦出場ゼロと苦しんでいるものの、昨季まで2シーズンを過ごしたメスでは第3GKから絶対的守護神へと上り詰めた実績があるし、酒井と昌子は目下、チームの中心的な役割を担っている。

あわせて読みたい

  • 吉田に昌子、冨安、そして東京五輪世代 “弱点”から「人材の宝庫」となった日本代表センターバック

    吉田に昌子、冨安、そして東京五輪世代 “弱点”から「人材の宝庫」となった日本代表センターバック

    dot.

    4/8

    GKは中村航輔を使うべき! コロンビア戦“サプライズ起用”はあるのか?【六川亨】

    GKは中村航輔を使うべき! コロンビア戦“サプライズ起用”はあるのか?【六川亨】

    dot.

    6/19

  • W杯出場に試練…ハリルJ守備陣は豪州の“超アジア級攻撃”に耐えられるか?

    W杯出場に試練…ハリルJ守備陣は豪州の“超アジア級攻撃”に耐えられるか?

    dot.

    8/23

    W杯日本代表選出はサプライズなし 見せ場は「ゴルゴ13」だけ!?

    W杯日本代表選出はサプライズなし 見せ場は「ゴルゴ13」だけ!?

    週刊朝日

    5/31

  • アギーレJ アジア杯”連覇”への試練とは…

    アギーレJ アジア杯”連覇”への試練とは…

    dot.

    12/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す