昔なら考えられない! 日本代表と海外移籍事情の変化

2019/03/01 16:00

 日本は2019年アジアカップ(UAE)で8年ぶり5度目の優勝を目標に掲げながら、決勝でカタールに完敗し、王座奪還を逃す失意を味わった。ただ、20歳の堂安律と冨安健洋がA代表初の国際大会でスタメンとして戦い続けたことは1つの成果だった。彼らは18歳で海外移籍し、欧州クラブで積み重ねた実績を武器に一気にA代表レギュラーの座をつかんだ選手という意味で、過去の代表選手たちとは異なる道を歩んでいる。

あわせて読みたい

  • 久保建英だけではない! 日本サッカー界が期待する「令和の怪物候補」

    久保建英だけではない! 日本サッカー界が期待する「令和の怪物候補」

    dot.

    5/11

    今夏Jから欧州に移籍するのは? 実現度が高いのは“この選手”だ!

    今夏Jから欧州に移籍するのは? 実現度が高いのは“この選手”だ!

    dot.

    5/16

  • レアルの18歳・久保建英より、2020年東京五輪で活躍しそうな意外な人は?

    レアルの18歳・久保建英より、2020年東京五輪で活躍しそうな意外な人は?

    週刊朝日

    8/6

    冨安らに続き鎌田も代表入り… なぜベルギーは海外組の大量輸出先になったのか?

    冨安らに続き鎌田も代表入り… なぜベルギーは海外組の大量輸出先になったのか?

    dot.

    3/14

  • 長友、本田をJリーグで見たい! 日本サッカーに今必要なのは海外組の「出戻り」だ

    長友、本田をJリーグで見たい! 日本サッカーに今必要なのは海外組の「出戻り」だ

    dot.

    10/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す