則本昂大が菅野智之より来オフのFA目玉になる理由 巨人、ソフトバンク、阪神で争奪戦も (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

則本昂大が菅野智之より来オフのFA目玉になる理由 巨人、ソフトバンク、阪神で争奪戦も

このエントリーをはてなブックマークに追加
梅宮昌宗dot.
力投する則本昂大=2月28日、ヤフオクドーム (c)朝日新聞社

力投する則本昂大=2月28日、ヤフオクドーム (c)朝日新聞社

 昨オフはFA移籍した楽天・浅村栄斗、巨人・丸佳浩の動向が注目された。気が早い話だが、今オフのFA戦線はどうなるのだろうか。

【写真】橋本マナミがへそ出し「ノーバン投球」(全6枚)

 投手は広島の野村祐輔、巨人の菅野智之、野手は広島の菊池涼介、ソフトバンクの今宮健太、中村晃がシーズンを通じて出場登録されれば、国内FA権を取得する。菅野、菊池は将来のメジャー挑戦の意向を表明し、今宮と中村は複数年契約を結んでいる。国内のFA市場は昨年と一転して動きが少ない可能性が高いが、ある大物選手の去就が注目されている。楽天のエース・則本昂大だ。今季が3年契約の3年目。オフにポスティングシステム(入札制度)でのメジャー移籍の可能性もあるが、契約更改の席では20年に開催される東京五輪に出場したい思いを明かした。

「オリンピックに何が何でも出たいと思っています。全力で目指します。オリンピックの舞台で、日の丸を背負って戦いたい。将来、娘のボーイフレンドが家に遊びに来たときに、金メダルが飾ってあったら『すごい』ってなるじゃないですか」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい