浜ちゃん相手に演じ切った杉咲花ちゃん 広瀬すず、戸田恵梨香に続けるか? (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

浜ちゃん相手に演じ切った杉咲花ちゃん 広瀬すず、戸田恵梨香に続けるか?

連載「あの人ってば。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子dot.#矢部万紀子
大ブレイクしそうな杉咲花  (c)朝日新聞社

大ブレイクしそうな杉咲花  (c)朝日新聞社

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

 志田がすごい子役だったことは、一般教養(?)として知っていた。だから、花ちゃんも子役だったと認識した。それで「笑ってはいけない」であんなに堂々としていたのかー。そう 思った。

 ドラマ「Mother」(2010年、日本テレビ系)で幼い芦田愛菜ちゃんに出会って以来、「子役」というものに目覚めた私である。花ちゃんをきちんと認識したのは味の素「Cook Do」のCM。回鍋肉をガンガン食べていて、オンエア当初はまだ10代前半だったようだが、すでに完成したというか大人っぽいというか、そういう顔だったのであまり「子役」と認識していなかった。反省。

 反省しつつ「笑ってはいけない」→「羽鳥慎一モーニングショー」という流れで、「ハケン占い師アタル」を見ることにした。脚本は「家政婦のミタ」の遊川和彦で、「当たれば大きいけど、大外れも多々あり」な人だから、期待と不安半々で見始めた。そして、結論を言うならおもしろかった。

「働き方改革」を意識したお仕事ドラマだということは、あちこちで宣伝されていた。その通り、「定時に帰りましょう」と放送の流れるイベント会社が舞台。そこで働く人の悩みを解決していく的場中(まとば・あたる)を演じるのが花ちゃん。

 前半は小澤征悦演じる社員(パワハラ男)、及川光博演じる部長(「上」しか見てない)が「いかにも業界っぽい」類型的な描かれ方で、つまらないドラマかもと思いながら見ていた。だが後半、的場が派遣社員から占い師にガラッと変わり、ぐっとおもしろくなった。

 花ちゃんの2つの顔を使い分ける演技力。「働くのは初めて」と言いながら、実はすごく仕事のできる派遣社員・的場。「私の占い料は10万円だよ。でも、今日は特別」だから質問は3つだけと上から目線で言う占い師・アタル。それぞれの顔が切り離されるのでなく、繋がっている感じも与える。まだまだ謎があり、次回も見たくなる。

アタルは将来を言い当てるのでなく、心の奥底を見抜き、解決への糸口をビシッと言う。「遊川さん、うまいな」と思わせる流れと台詞。「笑いたくないなら笑わない、笑いたいときは思いっきり笑う」。そんなアタルの言葉が、何事にも自信のもてない入社3年目の女子社員を変える。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい