石井正則が3000円以下で買える「駄カメラ」にハマる理由

アサヒカメラ

2019/01/12 17:00

「アサヒカメラ」もついに創刊93年。時は移れどカメラと写真の総合誌として歩み続けてきました。そして現在。インターネット、SNS全盛時代に雑誌そのものが揺さぶられるなか、われわれはどう進めばよいのか? まずは足元を見据えるべく、「アサヒカメラ」1月号では、駄菓子感覚で買えるカメラ「駄カメラ」の魅力を伝える石井正則さんに意見をうかがいました。

あわせて読みたい

  • 【大反響】カメラ誌がつまらないので決断しました。「アサヒカメラ」

    【大反響】カメラ誌がつまらないので決断しました。「アサヒカメラ」

    dot.

    12/25

    昔懐かしい「駄菓子」。ところで、駄菓子はいつ、誰が作り始めた? どうやって広まった?

    昔懐かしい「駄菓子」。ところで、駄菓子はいつ、誰が作り始めた? どうやって広まった?

    tenki.jp

    11/12

  • “ぐいぐい/すいすい” プロが教える「スナップ撮影に向くカメラ」の選び方

    “ぐいぐい/すいすい” プロが教える「スナップ撮影に向くカメラ」の選び方

    dot.

    11/23

    過去や未来につながる風景。写真家・鈴木理策にとっての熊野

    過去や未来につながる風景。写真家・鈴木理策にとっての熊野

    dot.

    7/20

  • 写真家・須田一政さん逝去 生前語っていた「いわゆる“家族写真”を撮ったことがない」

    写真家・須田一政さん逝去 生前語っていた「いわゆる“家族写真”を撮ったことがない」

    dot.

    3/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す