<第5回>「飯島愛さんは振り切って生きた」鈴木紗理奈が明かす死の前日のやり取り【没後10年】 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

<第5回>「飯島愛さんは振り切って生きた」鈴木紗理奈が明かす死の前日のやり取り【没後10年】

飯島愛のプラトニックな素顔

このエントリーをはてなブックマークに追加
福光恵dot.#没後10年#福光恵#飯島愛

「愛さんは、救いの神」と話す鈴木紗理奈さん。飯島さんが亡くなる直前、メールのやり取りがあった(着用衣装/トップス、スカート Antigravite、撮影/福井しほ)

「愛さんは、救いの神」と話す鈴木紗理奈さん。飯島さんが亡くなる直前、メールのやり取りがあった(着用衣装/トップス、スカート Antigravite、撮影/福井しほ)

 タレントの飯島愛さんが2008年12月に36歳の若さで亡くなって、ちょうど10年が経つ。クリスマスイブに突然の訃報。そのミステリアスな死をメディアが連日のように取り上げたが、その詳細は今でも多くの謎が残されている。

【写真特集】ここでしか見られない飯島愛さんの素顔はこちら(全13枚)

 飯島さんは人気絶頂だった01年から03年までの約2年の間、「週刊朝日」で「飯島愛の錦糸町風印税生活」というコラムを連載していた。のちに『生病検査薬≒性病検査薬』(朝日新聞社)のタイトルで書籍化。当時あまりオープンにされることのなかった少女たちの「性感染症予防」を広く訴えていた。

 連載中から亡くなる間際まで飯島さんと付き合いがあった担当編集者・福光恵が、親しかった芸能関係者、両親をあらためて取材。第5回は、大阪から上京して間もなく飯島さんと知り合い、「姉妹のような関係」を続け、死の前日とされる16日、連絡を取り合っていた女優の鈴木紗理奈さんだ。

*  *  *
「愛さんは、救いの神です。人を救う天才というか、上っ面じゃないねんな、全部が」

 女優の鈴木紗理奈さんが飯島愛さんと出会ったのは、「紳助のサルでもわかるニュース」(1994~97年 読売テレビ)。18歳だった紗理奈さんが上京して初めて迎えたクリスマスの夜。飯島さんに「ショートケーキを買ってきて、一人で食べてます」とメールを送ると、「そんなしょうもないクリスマス過ごすなよ! おいで」と、自宅で開いていたクリスマスパーティに呼んでくれたという。

「それからは、すっごくかわいがってくれた。なんでも聞いてくれました。ホームシックになっていた私とよく遊んでくれたり、しょっちゅう朝まで話を聞いてもらった。話の内容? 恋愛話です。彼氏とけんかしたとか、こんなんされたとか言うと、愛さんは『わかった。今から襲撃しに行くか』って(笑)。もちろん襲撃なんてしませんけど、それだけで気が晴れました」

 彼氏のことだけでなく、何かあればいつも飯島さんに連絡した。ときには、「彼氏とけんかしたときばっかり、何だよ、面倒くさい」「もう電話してくんなよ~」と言って、電話を切られることもあった。でも飯島さんの手が空いた2時間後、「大丈夫かよ」と電話が鳴るのがパターンだった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい