「アジカン」の後藤正文が語る村上春樹、カズオ・イシグロの影響

LOVE YOU LIVE!

神舘和典

2018/12/18 16:00

 シンプルな言葉。音数の少ない楽器。ASIAN KUNG-FU GENERATIONの演奏はスペースがあるからこそ、言葉がリスナーにしっかりと伝わる。3年半ぶりの新作『ホームタウン』がまさしくそれ。作詞は主にヴォーカルとギターを担当する後藤正文が担当し、その歌詞は文学的と言われている。たとえば「はじまりの季節」がまさしくそう。アパートのカーテンの布目をこじ開けて燃える朝焼け。忍び込む今日。赤い笑い声。歌詞の主人公が見ている風景を描くことで心の様子を伝える。

あわせて読みたい

  • 内田樹「南北統一の夢を描いた『愛の不時着』は歴史的貢献に値する」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「南北統一の夢を描いた『愛の不時着』は歴史的貢献に値する」

    AERA

    7/8

    ASIAN KUNG-FU GENERATION、新曲「ホームタウン」シュールでパンチの効いたMV公開

    ASIAN KUNG-FU GENERATION、新曲「ホームタウン」シュールでパンチの効いたMV公開

    Billboard JAPAN

    11/13

  • ASIAN KUNG-FU GENERATION、新AL『ホームタウン』はパワーポップを主軸とした全10曲

    ASIAN KUNG-FU GENERATION、新AL『ホームタウン』はパワーポップを主軸とした全10曲

    Billboard JAPAN

    11/7

    ソフトタッチ、アジカン後藤プロデュースで11年ぶりのアルバムリリース

    ソフトタッチ、アジカン後藤プロデュースで11年ぶりのアルバムリリース

    Billboard JAPAN

    6/1

  • 野菜不足にはジュースと一緒に“海苔”が重要であるワケ

    野菜不足にはジュースと一緒に“海苔”が重要であるワケ

    AERA

    8/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す