M-1暴言問題「もう終わるべき」 カンニング竹山がスタジオ騒然の批判をした真意

言わせてもらいますけどね!

2018/12/12 11:30

 漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』で、出演した芸人が審査員である上沼恵美子さんに向けた暴言問題。同じく審査員の松本人志さんや上沼さん本人の見解が報じられた後も特集を続けたことに、お笑い芸人のカンニング竹山さんは自身が出演する『ビビット』で「火に油を注ぐようなことをやって」と苦言を呈した。スタジオの空気を凍りつかせてまで、自身の出演番組を批判する理由とは。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す