佐藤二朗「松尾スズキさんに家具役が合うと言われた理由」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

佐藤二朗「松尾スズキさんに家具役が合うと言われた理由」

連載「こんな大人でも大丈夫?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤二朗dot.#佐藤二朗
佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける

佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける

家具の役ができそう?(※画像はイメージ)

家具の役ができそう?(※画像はイメージ)

 個性派俳優、佐藤二朗さんが日々の仕事や生活の中で感じているジローイズムをお届けします。

*  *  *
 中学生の頃だったか。新しく赴任した先生が、教室に入ってきて僕の顔を見るなり、「お~! 三越! 三越じゃないか! お前もこの学校に転校してきたのか! 三越!」と嬉しそうに叫んだことがある。無論、僕は転校してないし、それ以前に、僕は三越ではない。断じて三越ではない。多少は三越なのかな俺。いやいや。多少はってなんだ。誰なんだ三越。程なくして僕が三越に似てはいるが、決して三越本人ではないと気づいた(当たり前だ)先生は気まずそうに授業を始めた。こうして、その先生以外、つまり教室にいる生徒全員、誰も三越の正体が分からぬまま、ただ、「どうやら二朗くんに似ているらしい」三越くんに全員が想いを馳せ、世にいう「三越事件」は事なきを得た。いや事なきを得てはいない。めっちゃ恥ずかしかったから僕。だって生徒みんな、肩、揺れてたから。

 実はこの三越くんの件に限らず、僕は昔も今も、やたらに「○○に似ている」と言われる。エゴサ(エゴサーチね。自分の名前をネットで検索することね。僕は自分の出演作品の情報解禁を知るためにしてるね)をすると、毎日のように全国至る各地に佐藤二朗が出現してるのが分かる。もちろん僕が毎日全国各地を飛び回ることはできないので、「僕に似た人」だ。

「うちの高校で日本史教えてるよ佐藤二朗」。いや教えてないよ。日本史教えたことないよ僕。「レンタルビデオ店の店員が佐藤二朗」。僕、バイトはたくさんしたけど、レンタルビデオ店で働いたことないよ。「行司が佐藤二朗」。僕、はたき込みと突き落としの区別がつかないよ。「私の会社のイヤな上司が佐藤二朗」。知らんがな。「電車の前に座った女子高生が佐藤二朗」。できたら彼女には強く生きてと伝えてください。「うちの3歳の娘が佐藤二朗」。ごめんなさい。もう本当にごめんなさい。「顔がパンパンに腫れて佐藤二朗」。うん。腫れ、早く引くといいね。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい