「名探偵コナン」テーマ曲がヒット 「NormCore」のFumiが語るミステリアスさとは? (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

「名探偵コナン」テーマ曲がヒット 「NormCore」のFumiが語るミステリアスさとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
三杉武dot.
「NormCore」のFumi

「NormCore」のFumi

「NormCore」のFumi

「NormCore」のFumi

 そして、「大好きなアニメーションにより多く関われるようなスタイルを取りながら、自分たちの音楽をやっていきたいなと思っています」と語る。

 実際、「NormCore」が過去にリリースしたシングル3曲はすべてアニメのテーマソングに起用されているが、中でも注目を集めたのが今年8月にリリースし、「名探偵コナン」のオープニングテーマに起用された『カウントダウン』だ。

 Fumiが、人気クリエイターのまふまふとタッグを組んで制作した同曲はオンエアされるとYahoo!検索のトレンドで1位になるなど、大きな反響を呼んだ。
 
「やはり国民的なアニメの主題歌なので、『名探偵コナン』というものを邪魔しないように番組がはじまった時の高揚感とか、作品の持つミステリアスな感じだったりとか、とにかく『名探偵コナン』に合うようなサウンドにするという作業でしたね」

 同曲に加えて、過去2作のシングルもアニメとのタイアップということもあり、「NormCore」は国内のみならず、日本のアニメ好きが多い中国でも広く知られる存在となり、すでに中国で開催された大規模な音楽のフェスティバルに2回出演。
今月9日には、今年引退した安室奈美恵さんとのコラボでも話題になった台湾の歌姫の蔡依林らも出演する上海でのアニメフェスに出演も決定している。

 Fumiは、「中国の方がネットを通じて応援コメントを頂いたり、日本のイベントにも現れてくださったりするのはうれしいです。フェスの雰囲気も日本とは全然違いますね。最初の頃のコミケというか、エネルギッシュで熱い感じです。音楽とかそういうものに対する向き合い方も異なりますし、受け手の間口が違う色々な場所でパフォーマンスできる楽しみもあります。日本のイメージを下げないように尽力したいと思います」と意気込む。

 11月22日にデビュー1周年を迎えて、今月17日には東京・代官山LOOPでワンマンライブも開催する。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい