2年連続紅白司会の内村光良で「イッテQ!」危機は乗り切れるか? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2年連続紅白司会の内村光良で「イッテQ!」危機は乗り切れるか?

連載「道理で笑える ラリー遠田」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田dot.#ラリー遠田

内村光良 (c)朝日新聞社

内村光良 (c)朝日新聞社

 11月9日、『第69回NHK紅白歌合戦』の総合司会を内村光良が2年連続で務めることが発表された。昨年の『紅白』での実績が高く評価されたのだろう。

【写真】「第69回NHK紅白歌合戦」の出場歌手たちが会見の場に登場!

 昨年の『紅白』は実質的に内村のワンマンショーとも言えるものだった。オープニングではミュージカル風の演出に合わせて華麗に踊り、その後も終始落ち着いた様子で番組を進めていった。昨年9月に引退宣言をしていた安室奈美恵が登場した場面では、カメラ目線で安室の大ファンであるイモトアヤコにメッセージを送った。『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で共演しているANZEN漫才のみやぞんとのやりとりでも、仲間として優しい言葉をかけていた。

 また、以前から欅坂46のファンであることを公言していた内村は、欅坂46のメンバーとのコラボ企画に挑戦。彼女たちと並んで同じ衣装に身を包み、『不協和音』の曲に乗せて見事なダンスを披露。パフォーマンスの途中で体調が悪そうだった平手友梨奈に「大丈夫?」と声をかけた一幕もあり、堂々とした立ち振舞には余裕すら感じられた。途中で早着替えをしてコント番組『LIFE!』のキャラクターを演じる場面もあった。内村は、単なる進行役という役割をはるかに超えたマルチな活躍ぶりで、お祭り番組に華を添えた。

 内村が『紅白』の司会者として成功した理由の1つは、彼が「しゃべり」よりも「動き」を得意とするタイプの芸人だからだ。コントをやり続けることで鍛えられた身体能力があるため、オープニングで踊ったり、欅坂46とコラボしたりすることができた。さまざまなタイプのアーティストが集まって大掛かりなセットで派手なパフォーマンスを披露する『紅白』の舞台には、内村のような芸人がふさわしかった。

 ここ数日、『イッテQ!』の「祭り捏造疑惑」が世間を騒がせている。発端になったのは、『週刊文春』の記事で「番組で紹介されたラオスの祭りが実在しないものである」と報じられたことだ。続報として別の祭りも実在しないものであることが明らかにされると、日本テレビは事実を認める文書を発表。11月15日には日本テレビの大久保好男社長が「企画について疑念、ご心配をおかけする事態となった。お詫び申し上げます」と謝罪した。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい