【ドラフト2018】ヤクルト、必要なのは即戦力投手…東洋大・上茶谷、Honda・齋藤を狙え!

2018/10/23 16:00

 2018年のプロ野球新人選択会議(ドラフト)は今月25日に開催される。今年は大阪桐蔭の根尾昂や藤原恭大、金足農の吉田輝星といった甲子園をわかせた高校球児に注目が集まっているが、必要な補強ポイントから各球団のドラフト戦略を冷静に探ってみる。今回取り上げるのはセ・リーグで昨年最下位から2位に成績を上げた東京ヤクルトスワローズだ。

あわせて読みたい

  • 【ドラフト2018】西武、大阪桐蔭・藤原恭大を獲得し、チームを引っ張る存在に据えたい

    【ドラフト2018】西武、大阪桐蔭・藤原恭大を獲得し、チームを引っ張る存在に据えたい

    dot.

    10/19

    【ドラフト2018】オリックスは「リーダー不在」…根尾獲得でチームの気質を変えたい

    【ドラフト2018】オリックスは「リーダー不在」…根尾獲得でチームの気質を変えたい

    dot.

    10/13

  • 【ドラフト採点簿】中日は根尾獲得で最高評価 一方で巨人、阪神は…【西尾典文】

    【ドラフト採点簿】中日は根尾獲得で最高評価 一方で巨人、阪神は…【西尾典文】

    dot.

    10/26

    【ドラフト2018】阪神、ダメ虎返上へ…日体大・松本航を獲得して先発投手を補強せよ

    【ドラフト2018】阪神、ダメ虎返上へ…日体大・松本航を獲得して先発投手を補強せよ

    dot.

    10/21

  • 【ドラフト2018】巨人は坂本勇人の「後継者」と高齢化した外野陣をどう補強するのか?

    【ドラフト2018】巨人は坂本勇人の「後継者」と高齢化した外野陣をどう補強するのか?

    dot.

    10/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す