巨人と阪神も狙う「台湾の最強打者」は日本で通用するのか?【西尾典文】

2018/09/27 16:00

 プロ野球のペナントレースも最終盤に差し掛かり、今季限りでの引退を表明する選手のニュースも増える時期となってきた。その一方で来シーズンに関する話題も徐々に出始めている。特に優勝を逃したチームは、オフにどんな補強をするのかということも大きな関心ごとだろう。外国人選手についてはまだ情報が少ない時期ではあるが、そんな中で早くも注目を集めている選手がいる。それが台湾球界で活躍している王柏融(ワン・ボーロン)だ。
  
 王の名前が一躍知れ渡ったのは2年前の2016年。前年にデビューしたばかりのプロ2年目の23歳の選手がいきなり台湾球界史上初となるシーズン200安打をマークし、こちらも史上最高打率となる.414をマークしたのだ。この年は王以外にも二人が打率4割をクリアしており、史上稀にみる“打高投低”のシーズンだったが、王の勢いはとどまることを知らず、翌2017年も打率.407、31本塁打、101打点をマークし、リーグ史上二人目、台湾人選手としては初となる三冠王に輝いたのだ。この年に打率4割をクリアしたのは王だけである。またシーズン前に行われた第4回WBCの日本代表との壮行試合では則本昂大(楽天)からセンターに特大のホームランを放つなど3打数3安打3打点の活躍を見せ、侍ジャパンの投手陣を攻略して見せた。

あわせて読みたい

  • “失敗例”が多し… 韓国、台湾プロ野球の「好成績」は信用できない?

    “失敗例”が多し… 韓国、台湾プロ野球の「好成績」は信用できない?

    dot.

    3/7

    日ハム近藤健介、イチロー超え「夢の4割打者」の可能性

    日ハム近藤健介、イチロー超え「夢の4割打者」の可能性

    dot.

    5/29

  • 巨人の長距離砲、台湾の最強打者… 最も活躍しそうな「新外国人」は?【西尾典文】

    巨人の長距離砲、台湾の最強打者… 最も活躍しそうな「新外国人」は?【西尾典文】

    dot.

    1/29

    他球団が獲得しても面白い?  「去就未定な助っ人」動向に注目したい4選手

    他球団が獲得しても面白い? 「去就未定な助っ人」動向に注目したい4選手

    dot.

    11/8

  • 今年よく働いた“助っ人”は誰だ? <パ・リーグ外国人選手査定>

    今年よく働いた“助っ人”は誰だ? <パ・リーグ外国人選手査定>

    dot.

    11/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す