中核派・全学連のトップに現役東大2年生が就任 新委員長の高原恭平氏インタビュー (4/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中核派・全学連のトップに現役東大2年生が就任 新委員長の高原恭平氏インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
小林哲夫dot.
全学連新委員長の高原恭平氏(撮影/小林哲夫)

全学連新委員長の高原恭平氏(撮影/小林哲夫)

全学連新委員長の高原恭平氏(撮影/小林哲夫)

全学連新委員長の高原恭平氏(撮影/小林哲夫)

 今回の全学連大会では、高原氏をサポートする副委員長に京都大文学部4年生の安田淳敏氏(22歳、現在、停学処分中)が就任する。書記長には京都大法学部1年生の加藤一樹氏(19歳)が就く。中核派・全学連は東大、京大を中心に「学生運動」を進めていきたいとしている。高偏差値大学が並び、学歴社会を象徴するような体制は偶然なのか。

 社会運動において、中核派・全学連には激しい反発、相当に強いアレルギーがあり、たとえば、国会前や官邸前で中核派が排除されることがある。京都大ではメンバーの構内立ち入り禁止が続いている。都内の大学ではカルト教団と同列に並べて危険な新興宗教団体扱いをされている。

 中核派のこれまでの武装闘争、内ゲバへの嫌悪感からくる拒否反応だ。

 こうしたなか全学連を率いる高原氏は、どう舵を取っていくのか。高原氏は私立武蔵高校の出身。東京大の五神真総長の後輩、ついでにいえば、早稲田大の田中愛治次期総長の後輩にあたる。

(文/小林哲夫・教育ジャーナリスト)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい