「NMB48」を誰よりも愛した山本彩が電撃卒業を発表した裏事情 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「NMB48」を誰よりも愛した山本彩が電撃卒業を発表した裏事情

連載「芸能界閻魔帳」

このエントリーをはてなブックマークに追加
三杉武dot.#三杉武
「NMB48」からの電撃卒業を発表した山本彩(c)NMB48

「NMB48」からの電撃卒業を発表した山本彩(c)NMB48

 ソロ写真集もヒットし、情報番組へのレギュラー出演やソロ歌手デビューなど個人での活躍も目立つようになるが、それでも取材現場などでは常に「NMB48」のさらなる躍進を口にしていた。

 個人的には、15年に開催された「第7回AKB48選抜総選挙」の投票期間中に単独インタビューした時の言葉が印象深い。

 前年6位、速報発表で暫定5位につけていた山本は、自身の目標として1位を掲げていた。

 そのプレッシャーは半端ではなく、しかも開票を直前に控えたかなりデリケートな時期の取材となったが、それでもインタビューの際には自分のことだけでなく、「(この1年間で)『NMB48』をさらに進めていこうというメンバーが増えたので、そういったメンバーもどんどん上にあがっていってほしいです」、「『NMB48』というグループを背負って私も頑張りたいです」と話していた。

“キャプテンだから当たり前”なんて安易でつまらない言葉では言い表せない、山本のグループや他のメンバーに対する強い愛情を感じた。

 その一方で、山本が幼い頃から歌手を目指しており、近年はソロ活動も充実していることもあって、昨年の総選挙の出馬を辞退した時期からグループ卒業も取り沙汰されていた。

 実際、今回の卒業発表での「何年もかけて“卒業”という2文字と向き合ってきました」という発言から、これまでも卒業を意識したタイミングはあったと推測される。

 それでも、山本がこれまで「卒業」を口にしなかった大きな要因の一つとして、「NMB48」に対する並々ならぬ思いがあったことは想像に難くない。

 山本本人は“起爆剤”と表現しているが、「NMB48」の他のメンバーたちには偉大なるキャプテンの思いを胸に今後の飛躍を期待したい。

 そして何よりも、山本には卒業後も自身の夢に向かって、同時に後輩たちの道標となるべく、さらなる活躍を見せてほしいものである。(芸能評論家・三杉武)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

三杉武

三杉武(みすぎ・たけし)/大学を卒業後、スポーツ紙の記者を経てフリーに転身し、記者時代に培った独自のネットワークを活かして、芸能評論家として活動している。週刊誌やスポーツ紙、インターネットメディア、テレビ番組、ラジオ番組等で芸能ニュースや芸能事象の解説を行っているほか、スクープも手掛ける。「AKB48選抜総選挙」では、7年前から“論客(=公式評論家)”の一人として総選挙の予想および解説を担当。日本の芸能文化全般を研究する「JAPAN芸能カルチャー研究所」の代表も務めている

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい