中瀬ゆかり「林真理子さんは魔性の女A子、『5時に夢中!』は半蔵門親方、そしてペコと呼んだのは?」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中瀬ゆかり「林真理子さんは魔性の女A子、『5時に夢中!』は半蔵門親方、そしてペコと呼んだのは?」

連載「50代ボツイチ再生工場」

このエントリーをはてなブックマークに追加
中瀬ゆかりdot.
中瀬ゆかり(なかせ・ゆかり)/和歌山県出身。「新潮」編集部、「新潮45」編集長等を経て、2011年4月より出版部部長。「5時に夢中!」(TOKYO MX)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「垣花正 あなたとハッピー!」(ニッポン放送)などに出演中。編集者として、白洲正子、野坂昭如、北杜夫、林真理子、群ようこなどの人気作家を担当。彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長。最愛の伴侶、作家の白川道が2015年4月に死去。ボツイチに

中瀬ゆかり(なかせ・ゆかり)/和歌山県出身。「新潮」編集部、「新潮45」編集長等を経て、2011年4月より出版部部長。「5時に夢中!」(TOKYO MX)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「垣花正 あなたとハッピー!」(ニッポン放送)などに出演中。編集者として、白洲正子、野坂昭如、北杜夫、林真理子、群ようこなどの人気作家を担当。彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長。最愛の伴侶、作家の白川道が2015年4月に死去。ボツイチに

TOKYO MX「5時に夢中!」の出演者らと中瀬ゆかり氏(写真:筆者提供)

TOKYO MX「5時に夢中!」の出演者らと中瀬ゆかり氏(写真:筆者提供)

 ちょっと前に、「あだ名禁止」の小学校が増えているという記事を読んだ。あだ名はいじめにつながるという理由で、男女ともに「さん」づけで呼ぶことにするという新ルールがあるらしい。うーん、なんか寂しいなあ。たしかにあだ名のいくつかはネガティブなものがあるかもしれないが、人間同士の距離を急速に縮めたり、特別な自分たちだけのあだ名を付けあうことは、楽しいことでもあるのに。禁止されたって、根本的に止めることはできないし、さらに陰口的に呼ぶなどして陰湿な二重構造を招く気もするのだが。苗字プラス「さん」、だけだなんて、なんだか味気ないように思うのは私の感覚が古いのか、甘いのか。

【半蔵門親方と命名された「5時に夢中!」】

 そういう私には現在いくつかのあだ名がある。まず「ペコ」もしくは「ペコマル」というのは、死んだ白川道(とおる)が一緒に暮らした18年間、私をそう呼び続けたあだ名だ。「不二家のペコちゃんみてーな顔してんな。俺は今日からナカセくんを『ペコ』って呼ぶから」。付き合い始めてすぐにそう嬉しそうに宣言された。そして、白川道のトオルという響きと、「うちのオトウチャンが……」の大屋政子さんリスペクトを混ぜ合わせ、私は彼を「トウチャン」と呼ぶことにした。寺山修司曰く「自分たちにしか通じない言葉を話すのが恋人同士だ」ではないが、自分たちだけの呼び名を持つのも恋人同士だと、私は常々思っている。今は亡き作家の北杜夫さんも、それにならって私を「ペコ、ペコ」と呼んでくれたものだ。北さんやトウチャン亡きあと、私を「ペコ」と呼ぶのは北さんの一人娘のコラムニスト斎藤由香さんと、トウチャンと親しかった会社の上司の2人だけになってしまった。もしこの先誰一人この名で呼ばなくなったとしても、永遠に忘れられない一番思い入れのあるあだ名である。

 ほかにも、なかなかインパクトのあるあだ名がある。「オバはん」というのは、私が37歳で月刊誌「新潮45」の編集長に就任したときに、博覧強記で知られる仲良しの文芸評論家の福田和也さんがあまりにも無知蒙昧な私を心配してくれ、「オバはん編集長でもわかる◯◯」というシリーズを連載してくれたことに由来する。私は37歳にして早々と「オバはん」を自認し、三つ編みを振りまわして、政治や経済、歴史、世界情勢などを「マイ・フェア・レディ」でヒギンス教授から手ほどきをうけるイライザばりに学び続けた。いまでも、数人の友人が普通に「オバはん」と私に呼びかけてくるのはその名残だ。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい