青山テルマ語る「体が震えた」セリーヌ・ディオン圧巻のステージ (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

青山テルマ語る「体が震えた」セリーヌ・ディオン圧巻のステージ

連載「LOVE YOU LIVE!」

神舘和典dot.#神舘和典
撮影/Yoshika Norita。『セリーヌ・ディオンライブ・アット・東京ドーム2018 』WOWOWで2018年8月25日(土) 放送!

撮影/Yoshika Norita。『セリーヌ・ディオンライブ・アット・東京ドーム2018 』WOWOWで2018年8月25日(土) 放送!

撮影/Yoshika Norita。『セリーヌ・ディオンライブ・アット・東京ドーム2018 』WOWOWで2018年8月25日(土) 放送!

撮影/Yoshika Norita。『セリーヌ・ディオンライブ・アット・東京ドーム2018 』WOWOWで2018年8月25日(土) 放送!

青山テルマさん

青山テルマさん

 この夜東京ドームを訪れたシンガー、青山テルマさんもセリーヌの歌に胸震わせた。

「セリーヌのすごさは、どんなに年齢を重ねてもヴォーカルのクオリティがまったく落ちないどころか、レベルアップしていること。感動的です。演出も素晴らしいけれど、私は歌だけで十分に魅了されています。ほとんどの曲が私の青春の1ページです。東京ドームで聴くことができた曲の中では、今、映画『デッドプール2』の『アッシュ』にはまっています。東京公演の後はずっとリピートして聴いているほど」

 今回の来日公演でも、青山さんは映画のテーマにじわっときたという。

「『ビューティー・アンド・ザ・ビースト』のイントロが響いたときは、体が震えました。あの曲をまさか聴くことができるとは。思わずキャー! と叫んじゃいました」

 さて、セリーヌのショーで不意打ちだったのは、昨年この世を去ったプリンスのカバー2曲だ。終盤、バンドがマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク」やジェイムス・ブラウンの「セックス・マシン」をメドレーで演奏。そのファンキーな音に導かれ、セリーヌは「キス」と「パープル・レイン」を歌った。プリンスへのリスペクトをこめたこのコーナーは、他とテンションが違った。セリーヌは明らかにギアを換え、驚くほどラウド。プリンスへの思いの強さを声にこめていた。プリンスの音楽や姿の記憶が鮮やかによみがえった。

 音楽は映像を特別にする。映像も音楽を特別にする。そして、特別な音楽は脳の中に映像をよみがえらせてくれる。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

神舘和典

1962年東京生まれ。音楽ライター。ジャズ、ロック、Jポップからクラシックまでクラシックまで膨大な数のアーティストをインタビューしてきた。『新書で入門ジャズの鉄板50枚+α』『音楽ライターが、書けなかった話』(以上新潮新書)『25人の偉大なるジャズメンが語る名盤・名言・名演奏』(幻冬舎新書)など著書多数。「文春トークライヴ」(文藝春秋)をはじめ音楽イベントのMCも行う。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい