「有働由美子さんのまぶし過ぎる明るい“野心”」矢部万紀子 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「有働由美子さんのまぶし過ぎる明るい“野心”」矢部万紀子

連載「あの人ってば。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子dot.#矢部万紀子
矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年に朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年に朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

「NEWS ZERO」のメーンキャスターとなる有働由美子さん(c)朝日新聞社

「NEWS ZERO」のメーンキャスターとなる有働由美子さん(c)朝日新聞社

 有働由美子さんのことを考える時、どうしても思い出してしまう光景がある。

【写真】「NEWS ZERO」のメーンキャスターとなる有働由美子さん

 昨年10月の「あさイチ」だった。その日は「金曜プレミアムトーク」で、ゲストが伊東四朗さん。伊東さんは江戸っ子らしく「ひ」と「し」を混同させつつ、楽しそうに「喜劇」について話していた。
 
 正確な記憶でないが、確か「しん」という言葉が伊東さんから出た。「笑いには『しん』が必要」というような文脈で。前後の関係から「品(ひん)」のことだと私は思った。が、有働さんは「芯」と理解した。「笑いに必要な『芯』とは何か」と深掘りを試みた。が、伊東さんはあまり乗らず、ちょっとチグハグな空気が流れた。でも有働さんはためらわない。話が他にいった後に、又「さっきの芯ですが」と戻ったりた。

「笑いには品が必要」なら、何にでも品は必要だから、その通りですねで終わってしまう。が、「芯が必要」なら芯とは何か、必要な理由など、話が膨らみ、そこから伊東さんがもっと浮き彫りになる。元新聞記者としては、よくわかった。

 が、わかった上で、有働さんの前のめりな感じに、ちょっとたじろいだ。「私はその一言を見逃さなーい」という意欲が伝わり過ぎた。「まっすぐな野心」という言葉が浮かび、隠さないんだな、と思った。

 そうこうするうちに有働さんは「あさイチ」の司会を終えて、NHKを退社した。マツコデラックスさんらの所属する芸能事務所に入ったと話題になり、6月2日に日本テレビに民放初出演した。「日本テレビ+ルーヴル美術館『その顔が見たい!』」という番組だったので、日テレなどが主催する「ルーヴル美術館展」を紹介する番組の司会かと思ったら、有働さんの顔や年齢を話題にするバラエティー番組だった。

 その4日後、有働さんが10月から日テレの報道番組「NEWS ZERO」のメーンキャスターになると発表されたから、あれは顔見世興行だったのね、と納得した。

 有働さん、順風満帆だ。NHKを辞めて半年での大抜擢。いや抜擢ではない、数字を持っている有働さんに、低迷気味の「NEWS ZERO」が頼ったという報道もあった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい